出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wiktionary-logo.jpegウィクショナリーがあります。

「神は、人間が痛みの度合いを測る概念である。」
〜 神 について、ジョン・レノン

(かみ、:God)は、人間が作り出した道具である。実在はしないが、多くの宗教で実在するものとして扱われており、人々の善悪の判断基準の根拠になったり、未だよく分からないことをとりあえず説明するためのブラックボックスとして使われたりしている。

他の見方[編集]

  • 神が実在するという見方が、多くの人に受け入れられているという現実がある。
    • 唯一の神が存在するよ派がいる。
    • 山には山の、川には川の、トイレにはトイレの神様が存在するよ派がいる。
  • 複数のWikiでも必ずと言っていい程、項目として存在している事実がある辺り、人間は昔から神が好きというのは事実らしい。
  • 人間に作られた人工知能が「大きくなったら神になりたい」と言う事もあるらしい。
  • 「God is a Girl」という曲もあったりする。
  • 「私が神だ」と言う人間も居たりする。
  • 普通の人にはできない事ができる人も神と呼んだりする文化があったりする。
  • 天皇も神とされていたが、英語のGodとは意味合いが違うというか、定義が違う模様。

登場作品[編集]

関連項目[編集]

他事典リンク¦ウィキペディア ¦ピクシブ百科事典 ¦ニコニコ大百科 ¦アンサイクロペディア ¦ウソペディア ¦コトバンク ¦チャクウィキ