剣をとる者はみな、剣で滅びる

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

剣をとる者はみな、剣で滅びるとは、よくある現象の一つである。

概要[編集]

イエス・キリストはこの点について多くを語らなかったが[1]、稼働中の兵器に対抗するには基本的に兵器を使うしか無いから、と思った[2]

特に暴走している兵器を停止させる事は困難で[3]、もし動くものは全て標的とみなして味方も攻撃するような状態なら、撃破せざるを得なくなったりする事もある、と考えられる。

ヤハウェは「乱暴を好む者を憎まれる。」ともある[4][5]

ちなみに剣を抜いたのはシモン・ペテロで、マルコスの右耳を切り落とした[6]ルカによるとマルコスの右耳はすぐにイエスが癒やされた模様[7]

対策[編集]

  • 剣を抜く際は、剣を収める条件を決めてから抜けばいいのかな?
  • 撃破対象を限定して、事が済んだら都度収める事にしたらいい?

脚注[編集]

関連項目[編集]