愛国者

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

X mark.png
It's JOKE!
この記事は多少冗談を含みます。
寛容な心でお読み下さい。

愛国者(あいこくしゃ、英:Patriot)とは、国家主義の一つの形態。

概要[編集]

程度によりさまざまだが、大抵は「お国のために氏ね!」という口先だけのタイプや、実際に国のために特攻で散っていったりするタイプに分けられる。

他にも国の数だけ国が異なる愛国者が存在し、それぞれがそれぞれの国のために死ぬので同じミリオタでも国が違うとなかなか一致した作戦行動を取ることができないという問題が表面化している。

それなら国を統一してしまえばいいじゃない?と言われそうだが、国家主義偶像崇拝に該当するという意見もあり[要出典]、偶像崇拝はヤハウェからの処罰の対象になってしまう[1]

それならヤハウェの国に対する愛国者になればいいじゃない?と言われ、確かに。となった。なにそれ?と言われそうだが、登場自体は昔から予言されていると言われている[2]

脚注[編集]

  1. イスラエル人でも鋳物の子牛を拝んだら処刑された。出エジプト記(口語訳)32章7節から28節”. ウィキソース (2018年7月13日). 2019年1月12日確認。
  2. 将来どんな事が起るか、既に記録されている。未来日記さながら。ダニエル書(口語訳)2章1節から47節”. ウィキソース (2018年7月13日). 2019年1月12日確認。

関連項目[編集]

Wikipedia-logo.pngウィキペディア愛国心の項目があります。
Wikipedia-logo.pngウィキペディア愛国者達 (架空の組織)の項目があります。