アンサイクロペディア

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索
アンサイクロペディア
[複数URLでバグるので別記 複数URLでバグるので別記]
Uncyclopedia.png
アンサイクロペディアの標準ロゴ
「ソフィア」・「アンサイクロポテト」
開設2005年
ウィキシステムMediaWiki
分野ユーモア
言語多言語
使用時刻世界協定時(UTC)
現状記事増加中
Wikipedia-logo.pngウィキペディアアンサイクロペディアの項目があります。
ニコニコ大百科アンサイクロペディアの記事があります。
Uncyclopedia.pngアンサイクロペディアのゆかいな仲間たちがアンサイクロペディアの項目を面白おかしく執筆しています。
Usopedia logo new.pngウソペディアではウソペディアンたちがアンサイクロペディアの項目をウソの才能を使って執筆しています。
URL一覧
  1. Carlb氏運営サーバー系
  2. Mirahezeフォーク系

アンサイクロペディア(Uncyclopedia)は、ユーモラスな記事を書くウィキサイト。

概要[編集]

2005年1月にジョナサン・ホアンによって英語版が創設。日本語版は3月に設立された。ウィキペディアのパロディサイトであり、面白い記事を目指しているので、クソ真面目に記事を書いているわけではない。そのため、百科事典としては信用できない反面、雑学知識を身に付けるためには丁度良いレベルになっている。

日本語版には3種類のドメインがあるが、「アンサイクロペディア.com」以外のドメインでは最新版が表示されないことがある。なお、「Uncyclopedia:アンサイクロペディアを情報源とするサイト」という運営関連文書においては、最新版が表示されないドメイン2種のほうがコピーだとされているが、これらコピーのほうが検索にヒットしやすい。

日本語版は「たらいまわし」を初めとする「秀逸な記事」にこそ定評がある一方、Google等で「アンサイクロペディア」を検索すると絞り込み候補に「つまらない」という単語が出てくる程度には滑ったサイトとして認識されることが少なくない。また、2ちゃんねる(5ちゃんねる)でアンサイクロペディアについて語るスレが立つと大抵は批判で埋まる。ニコニコ大百科の「アンサイクロペディアについて語るスレ」に書き込まれる感想もほとんどが否定的である。他にも、少数利用者による保守的なコミュニティが運営の中心になっているため、自由に行動する新規利用者に対してやや排他気味であることも相まってサイトの評判を悪くしている。

アンサイクロペディアに対する不満を抱いた利用者は、これまでに何度か別のウィキを立てようとしてきた。代表的なのは、日本さいころペディアウソペディアなどである。日本さいころペディアはほぼウェブ廃墟化したが、ウソペディアの方は、過疎ペディアの状態ながら、継続的に発展している。

サーバーについて[編集]

サーバーが弱いことでも知られ、2018年7月29日、新規ページ作成ができない問題が長期化し始めたのを受けて、一部のウィキユーザーがMirahezeにフォーク版アンサイクロペディアを建設した。両者の運営元には関係はないと思われるが、互換ライセンスに基づき完全に新規のサイトとしてやっていくと思われ、アンサイクロペディア日本語版は今後分裂する公算が大きい。

2018年10月29日、アンサイクロペディアのアップグレード作業が行われ、MediaWiki1.31になったとの発表があった[1]。同じ時期に一部のサーバーのデータベースがMySQLからMariaDBに切り替えられ、若干混乱もあったが[2]、そのお陰なのか幾分か軽くなったような感触があり、特にキャッシュがすぐに反映される事が多くなった。他のウィキと同じような感触になってしまい、これはこれであまり面白くなくなってしまったと言うアンサイクロペディアンもいるんだとか。

記事[編集]

真実に冗談を混ぜて面白くてユーモラスな記事を書くことを目指している。そのため、ある程度の記事の文量と面白さの質が記事に求められることとなる。しかし、そもそも「面白くてユーモラスな記事」が、どういったものなのかという基準は曖昧。チェックする人によって、左右される面は否めない。時節にも左右される。

記事の内容は、100%の妄想や空想のネタは好まれない傾向にある。一般的に通用するギャグやパロディを、著名人や事象に織り交ぜて書いていくのが好まれる。

ロゴ[編集]

韓国語版アンサイクロペディアのロゴ。

英語版や日本語版ではロゴはアンサイクロポテト(ソフィアとも呼ばれる)であるが、韓国語版、フランス語版、イタリア語版など違うロゴの場合も結構多い。

カテゴリ[編集]

方針が無くてカオス。少なくともなんとか体裁を整えようと試みたアンサイクロペディアンが疲弊してエンペディアに流れるくらいには。

他ウィキサイトとの関係[編集]

ウィキペディアとの関係
MediaWikiを使用しており、記事の体裁もウィキペディアをまねている。そのため、一般の人が初見でみるとウィキペディアと勘違いしてしまうかもしれないが、実際には関係が無い。
Chakuwikiとの関係
バカというのがテーマで類似している部分があるが、他者が書いた記述の改変や除去の禁止、箇条書きスタイルで書くといった独自ルールがあるなど編集方針状は異なる部分が多い。アンサイクロペディアンとの交流も多いが、運営元との関係は全くない。
エンペディアとの関係
アンサイクロペディアとエンペディアは直接の関係はない。ただ、アンサイクロペディアのようなユーモア精神も取り入れていくのがエンペディアだとされている[3]
創設者は、元々アンサイクロペディアで活動していた利用者。そのため、エンペディア初期の利用者もアンサイクロペディア出身者が多かった。
ウィークペディアとの関係
直接的な関係はなかったが、アンペディアというアンサイクロペディアの方針を緩くした「アンペディア」というプロジェクトをやっていた。
エンペディアと同様ウィークペディアの創設者も、元々アンサイクロペディアで活動していた利用者である。
ウソペディアとの関係
創設のきっかけにアンサイクロペディアとの関係性が見られる。しかしそれ以外では直接的な関係はない[4]。ただし、一部管理者の兼任が見られる。
Unpediaとの関係
フォーク版とは運営者やサーバーが共通。今後NRVなどが貼られた記事はどんどんエスケープされると思われる。ついでに執筆者のエスケープも促されることになるかもしれない[5]

脚注[編集]

  1. "Forum:MediaWiki1.31アップグレード". アンサイクロペディア. 2018年11月10日閲覧。
  2. "Forum:バグの報告#サーバー間のデータが同期されていません". アンサイクロペディア. 2018年11月10日閲覧。
  3. Enpedia:エンペディアについてにその記述がある。
  4. ウソペディアがIllogicopediaの姉妹ウィキになったことで、間接的な関係が若干存在する。
  5. 各人が勝手に作っているUCPのサヨナラリンク集には、なぜかEPが既に入っているケースもある。

関連項目[編集]

  • ICUNRV - 新人いじめ。つまらない者がつまらないと詰る阿鼻叫喚の地獄絵図。耐えかねたものはウソペディア脱北移民する。ちなみに、NRVをいまだに使っているのは世界では日本ぐらいなので、いかにサディストが多いかがそのことからもお察しできるかもしれない。
  • 虚構新聞 - アンサイクロペディアと同様、嘘やユーモアを主観に置くサイト。wikiとの違いは個人で執筆されていることである。
  • Chakuwiki
  • Twitter有料化デマ騒動
  • Miraheze - フォーク版が存在する。
  • Unpedia - フォーク版で拾われなかった記事も、最終的にこちらに回収される模様。
  • ウソペディア - 2018年前半までは、日本語圏では事実上唯一の競合ウィキだった。今はフォークやらUnpediaやらワラペディアやらが立ち、群雄割拠の様相を呈しつつある。
  • 日本さいころペディア - かつてアンサイクロペディアに反発した有志が立てたサイト。現在は廃墟。
  • 東京書籍 - かつて小学校道徳用教材の資料にアンサイクロペディアを使用したことがある。

外部リンク[編集]