仏教

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

仏教(ぶっきょう)は、キリスト教イスラム教と並んで世界三大宗教の一つに数えられる宗教釈迦(ゴウタマ・シッダッタ、ゴータマ・シッダッタ、ガウタマ・シッダールタなどとも表記される)が開祖

概要[編集]

主に中央アジアから東アジア東南アジアに広まっている宗教。日本において、最も広く信じられている宗教である。

宗派[編集]

歴史[編集]

初期[編集]

紀元前5世紀頃に釈迦が開祖となった。釈迦は、亡くなったときに仏滅によって輪廻転生の輪から外れることになる。そして、釈迦の弟子で実質的な後継者となった大迦葉によって、伝えられていくことになる。

仏教の広まり[編集]

考え方の違いから上座部大衆部という大きな二つに分かれることになる。分かれた同士でも分裂してく。これらは部派仏教(小乗仏教)とも呼ばれた。これらは、スリランカから東南アジアまで伝わって広まっていくことになる。

民衆に広く浸透する大乗仏教の考え方が広まっていくと、シルクロードを通じて中央アジアから東アジアに広まっていく。