新城駅

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

新城駅
新城駅構内
新城駅構内
しんしろ
野田城 (1.9km)
(1.0km) 東新町
所在地愛知県新城市宮ノ西30
所属事業者東海旅客鉄道(JR東海)
所属路線飯田線
キロ程21.6km(豊橋起点)
電報略号シロ
駅構造地上駅
ホーム2面3線
開業年月日1898年(明治31年)4月25日
Wikipedia-logo.pngウィキペディア新城駅の項目があります。

新城駅(しんしろえき)は、愛知県新城市にあるJR東海飯田線の駅。特急列車を含む全列車が停車し、分割民営化時から定期列車が通過したことはない[1]

特徴[編集]

飯田線の中では利用者は多く、ほとんどの時刻表に主要駅として記されている。飯田線でみどりの窓口がある数少ない駅のひとつである。

上り・下りとも概ね1時間2本の普通列車が停車する。豊橋駅方面に向かう1本は当駅発着である。

過去に当駅始発の豊橋方面への快速があった。その快速の停車駅は当初は豊川駅のみで東海道本線内で普通列車として直通し、後に三河一宮駅、豊川駅、牛久保駅小坂井駅停車に設定が変更されており、現在存在する快速とは異なった。

隣の駅は豊川・豊橋方面は野田城駅 (特急は豊川駅) 、本長篠・飯田・辰野・岡谷方面は東新町駅 (特急は本長篠駅) である。

桃太郎電鉄には登場したことがない。飯田線内の駅は佐久間駅 (カード売り場駅として) と豊橋駅のみ登場したことがある。

脚注[編集]

  1. 1965年前後には急行「伊那」で通過列車が設定されていた。
CD飯田線の駅一覧
豊橋 - 船町 - 下地 - (平井信号場) - 小坂井 - 牛久保 - 豊川 - 三河一宮 - 長山 - 江島 - 東上 - 野田城 - 新城 - 東新町 - 茶臼山 - 三河東郷 - 大海 - 鳥居 - 長篠城 - 本長篠 - 三河大野 - 湯谷温泉 - 三河槙原 - 柿平 - 三河川合 - 池場 - 東栄 - 出馬 - 上市場 - 浦川 - 早瀬 - 下川合 - 中部天竜 - 佐久間 - 相月 - 城西 - 向市場 - 水窪 - 大嵐 - 小和田 - 中井侍 - 伊那小沢 - 鶯巣 - 平岡 - 為栗 - 温田 - 田本 - 門島 - 唐笠 - 金野 - 千代 - 天竜峡 - 川路 - 時又 - 駄科 - 毛賀 - 伊那八幡 - 下山村 - - 切石 - 飯田 - 桜町 - 伊那上郷 - 元善光寺 - 下市田 - 市田 - 下平 - 山吹 - 伊那大島 - 上片桐 - 伊那田島 - (大沢信号場) - 高遠原 - 七久保 - 伊那本郷 - 飯島 - 田切 - 伊那福岡 - 小町屋 - 駒ヶ根 - 大田切 - 宮田 - 赤木 - 沢渡 - 下島 - 伊那市 - 伊那北 - 田畑 - 北殿 - 木ノ下 - 伊那松島 - - 羽場 - 伊那新町 - 宮木 - 辰野( - 川岸 - 岡谷 >>茅野・塩尻松本方面)
西豊川支線 (1956年廃止、日本車輌引込線として現存。)豊川 - 西豊川