西豊川駅

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

西豊川駅(にしとよかわえき)は、かつて国鉄飯田線支線に存在した駅である。

概要[編集]

現在の豊川市桜木通5丁目に所在していた。
豊川海軍工廠の工員輸送に対応する駅として1942年に開業したが、海軍工廠が1945年8月7日の空襲で壊滅した後、乗降者が激減して、1956年に廃駅となった。
支線そのものは日本車輌の引込線として存続し、駅の旧構内も一部更地のまま、2本に広がった架線柱が残されているなど過去の名残を止めている。
廃線時は市街化が進んでいなかったが、その後、海軍工廠跡地への工場の立地や市街化が進み、1998年には旧駅跡地から徒歩圏内に豊川サティ(現・イオン豊川店)が誘致されている。


CD飯田線の駅一覧
豊橋 - 船町 - 下地 - (平井信号場) - 小坂井 - 牛久保 - 豊川 - 三河一宮 - 長山 - 江島 - 東上 - 野田城 - 新城 - 東新町 - 茶臼山 - 三河東郷 - 大海 - 鳥居 - 長篠城 - 本長篠 - 三河大野 - 湯谷温泉 - 三河槙原 - 柿平 - 三河川合 - 池場 - 東栄 - 出馬 - 上市場 - 浦川 - 早瀬 - 下川合 - 中部天竜 - 佐久間 - 相月 - 城西 - 向市場 - 水窪 - 大嵐 - 小和田 - 中井侍 - 伊那小沢 - 鶯巣 - 平岡 - 為栗 - 温田 - 田本 - 門島 - 唐笠 - 金野 - 千代 - 天竜峡 - 川路 - 時又 - 駄科 - 毛賀 - 伊那八幡 - 下山村 - - 切石 - 飯田 - 桜町 - 伊那上郷 - 元善光寺 - 下市田 - 市田 - 下平 - 山吹 - 伊那大島 - 上片桐 - 伊那田島 - (大沢信号場) - 高遠原 - 七久保 - 伊那本郷 - 飯島 - 田切 - 伊那福岡 - 小町屋 - 駒ヶ根 - 大田切 - 宮田 - 赤木 - 沢渡 - 下島 - 伊那市 - 伊那北 - 田畑 - 北殿 - 木ノ下 - 伊那松島 - - 羽場 - 伊那新町 - 宮木 - 辰野( - 川岸 - 岡谷 >>茅野・塩尻松本方面)
西豊川支線 (1956年廃止、日本車輌引込線として現存。)豊川 - 西豊川