2018年の日本シリーズ

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2018年の日本の出来事 > 日本シリーズ
Wikipedia-logo.pngウィキペディアの生真面目ユーザーたちが2018年の日本シリーズの項目をおカタく解説しています。

2018年の日本シリーズ (2018年のにっぽんシリーズ) とは、福岡ソフトバンクホークス (以下、ソフトバンク ) と広島東洋カープ (以下、広島) によって行われた第69回日本選手権シリーズ (日本シリーズ) である。

プロフィール[編集]

概要[編集]

三井住友銀行を冠スポンサーに迎えて 「SMBC日本シリーズ」 として開催するのは2014年以来5年連続となった。

出場チームのうちソフトバンクは2年連続18回目、広島は2年ぶり8回目の出場となった。またソフトバンクは同年のパ・リーグ2位だったがクライマックスシリーズ優勝[1]、広島はセ・リーグ優勝チームだった。セ・パどちらかの球団がリーグ優勝チームでないのは2017年大会横浜DeNAベイスターズ (同年セ・リーグ3位) 以来2年連続。パ・リーグで同年のリーグ優勝チームではないチームが出場するのは2010年大会千葉ロッテマリーンズ (同年パ・リーグ3位) 以来8年ぶりとなった。

今回ソフトバンクが広島と初めて対戦したことにより、1998年西武ライオンズが達成して以来2球団目のセ・リーグ全球団との対戦経験があるパ・リーグ球団となった。

昨年度までは延長戦は15回までだったが、今年から公式戦と同様に12回までに短縮された。が、後述の通り初戦で早速延長12回ドローになるという波乱の展開があった。

試合結果[編集]

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!


SMBC日本シリーズ2018の戦績
試合数 日付 開催地 ソフトバンク 広島 備考
第1戦 10月27日 マツダスタジアム 2 2 延長12回引き分け
第2戦 10月28日 マツダスタジアム 1 5
第3戦 10月30日 福岡ヤフオク!ドーム 9 8
第4戦 10月31日 福岡ヤフオク!ドーム 4 1
第5戦 11月1日 福岡ヤフオク!ドーム 5 4 延長10回サヨナラ勝ち
第6戦 11月3日 マツダスタジアム 2 0

第1戦は延長戦にもつれ込み、2対2で32年ぶりの初戦ドローとなった。

第5戦は9回終了時点で4 - 4の同点だったが、延長10回ウラに柳田悠岐がソロホームランを放ち5 - 4でソフトバンクのサヨナラ勝ち。

第6戦、ホークス・甲斐拓也が6回目の盗塁阻止を達成。結果は2対0で福岡ソフトバンクホークスが2年連続9回目の日本一となった。

シリーズMVPは甲斐拓也が受賞。

中継テレビ局[編集]

地上波

脚注[編集]

  1. 同年のパ・リーグ優勝チームは埼玉西武ライオンズ
日本シリーズ (プロ野球日本選手権シリーズ試合)
1950年代1950年 | 1951年 | 1952年 | 1953年 | 1954年 | 1955年 | 1956年 | 1957年 | 1958年 | 1959年
1960年代1960年 | 1961年 | 1962年 | 1963年 | 1964年 | 1965年 | 1966年 | 1967年 | 1968年 | 1969年
1970年代1970年 | 1971年 | 1972年 | 1973年 | 1974年 | 1975年 | 1976年 | 1977年 | 1978年 | 1979年
1980年代1980年 | 1981年 | 1982年 | 1983年 | 1984年 | 1985年 | 1986年 | 1987年 | 1988年 | 1989年
1990年代1990年 | 1991年 | 1992年 | 1993年 | 1994年 | 1995年 | 1996年 | 1997年 | 1998年 | 1999年
2000年代2000年 | 2001年 | 2002年 | 2003年 | 2004年 | 2005年 | 2006年 | 2007年 | 2008年 | 2009年
2010年代2010年 | 2011年 | 2012年 | 2013年 | 2014年 | 2015年 | 2016年 | 2017年 | 2018年 | 2019年
斜体の年はセ・リーグの、太字の年はパ・リーグの所属球団が優勝。