エンペディアン

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search

エンペディアン(英:Enpedian)とは、エンペディアの執筆者、編集者全体を表す総称で、狭義では「エンペディアのコミュニティを形成する人々」を指す用語である。

概要[編集]

ウィキペディアを利用する人々を指して「ウィキペディアン」と呼ぶのと同じ感覚で、エンペディア利用者もエンペディアンと呼ばれる。

一口に「エンペディアン」と言ってもその中にはウィキペディアンアンサイクロペディアンユアペディアンなども存在する。

特徴[編集]

エンペディアの特徴はなんと言っても「方針がゆるい」事である。ウィキペディアのように方針による縛りがあんまり無いためウィキペディアのようにシビアに構える必要が無いからか、エンペディアンには比較的穏やかな傾向が見られる模様[1]

他の国産ペディアでは荒らし認定されるような人でも余程の事が無い限り追い出されるような事は無く、「LTAの最後の避難先」とアンサイクロペディアでは皮肉られたりする事もあるが、荒らし行為はあんまり無い[1]

独自研究も許容されるという風潮のため「jawp:検証可能性」という点ではウィキペディアに劣るが、ウィキペディアでは「要出典」と言われて書けないような事でも書き残して置ける点で汎用性が高く、その点では亡命ペディアという難民の受け入れ先として機能しており、その事でエンペディアンには比較的穏やかな傾向が見られるものと思われる[1]

アンサイクロペディアのようなジョークも許容されるという風潮のため、アンサイクロペディアンがネタ記事をアンサイクロペディアではなくエンペディアに投下する事もできる。冒頭に{{joke|3}}とでも入れておけば大丈夫だ、問題ない。つまりアンサイクロペディアではNRVで削除されるような記事でも許容されるので、変に削除議論で「面白い」の定義から議論する必要も無く、比較的平和で議論厨にとってはエンペディアンは面白くないと言われる事もあるようだが、議論厨自体が面白くない場合も多いので「お前が言うな」という状態である。[Jokeこの一文には冗談が含まれています。真に受けるかどうかはあなた次第です。]

でも元ウィキペディアンの場合、会話で変にスイッチ入るとウィキペディアンモードにスイッチしたりするのでご注意下さい。「ここはウィキペディアではない、エンペディアだ!」と意識していないと結構危うい[1]

脚注[編集]

関連項目[編集]