日本選手権シリーズ

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
日本シリーズから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本選手権シリーズ (にほんせんしゅけんシリーズ、にっぽんせんしゅけんシリーズ) は日本プロ野球の日本一を決めるために毎年10月末から11月初旬に開催される試合である。一般的に日本シリーズ (にほんシリーズ、にっぽんシリーズ[1]) と呼ばれることが多い。

プロフィール[編集]

概要[編集]

両リーグともAクラスに入った3チームで繰り広げられるクライマックスシリーズで優勝したチームが対戦するが、これが導入される前の2006年大会まではリーグ優勝したチームが出場していた[2]

開催地は出場チームの本拠地球場で開催される。つまり、2017年大会ではソフトバンクの本拠地である福岡ドームDeNAの本拠地である横浜スタジアムで開催された。なお、奇数年はパ・リーグ代表チームの本拠地球場で第1・2・6・7戦を、セ・リーグ代表チームの本拠地球場で第3・4・5戦を開催するが、偶数年はリーグが入れ替わる。つまり、2016年大会ではセ・リーグ代表・広島の本拠地であるMAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島で第1・2・6戦が[3]、パ・リーグ代表・日本ハムの本拠地である札幌ドームで第3・4・5戦が開催されたことになる。

シリーズは番勝負形式で、どちらかのチームが4勝した時点で終了となる。そのため、2005年のように相手に1勝をも与えずに優勝した場合もあれば、2013年のようにどちらも3勝したため第7戦にもつれ込んだ場合もある。

2010年大会までオールスターゲーム (サンヨー→ガリバーマツダマイナビ) やセ・パ交流戦 (日本生命) と同様なスポンサーはついていなかったが、2011年からはコナミをスポンサーに迎え 「コナミ日本シリーズ2011[4]」 を興業名とした。2014年からはコナミに代わって三井住友銀行が大会スポンサーになり、興業名も 「SMBC日本シリーズ20XX[5]」 になった。

表彰[編集]

リーグ優勝チームにはNPBからペナントとチャンピオンフラッグ、優勝記念品代、内閣総理大臣杯が贈られる。ペナントは刺繍で優勝年と 「NIPPON CHAMPIONS」 の文字が入る。チャンピオンフラッグも優勝年と 「NIPPON CHAMPIONS」 の文字が入り、どちらもパ・リーグの優勝ペナント・チャンピオンフラッグと似たようなデザインである。チャンピオンフラッグはセ・リーグ優勝ペナントやパ・リーグ優勝のチャンピオンフラッグと同様に、翌シーズン公式戦で国旗・連盟旗・球団旗と同じ位置に掲揚される。また在京キー局 (日本テレビテレビ朝日TBSテレビテレビ東京フジテレビ) からトロフィー (フジテレビのみ優勝盾) と賞金が贈られる。なお、賞金の金額は50万円×5局=250万円である。

優勝チームでシリーズ中一番活躍した選手1名には最高殊勲選手賞 (MVP) が贈られ、NPBからトロフィー、NPBに協賛する各社から賞金が贈られる。かつては自動車が贈られたこともあった。

敗退チームでシリーズ中一番活躍した選手1名には敢闘選手賞が贈られ、NPBからトロフィー、各社から賞金品が贈られる。

その他シリーズ中活躍した選手3名には優秀選手賞が贈られ、各社から賞金品が贈られる。

出場履歴・成績[編集]

  • 太字の項目は最多数を表す。球団の列のソートボタンで元の順序に戻る。
  • 松竹は大洋(現・DeNA)に、近鉄はオリックスにそれぞれ吸収合併されたため記録としては※特記事項となる。
球団 出場 優勝 敗退 試合 勝利 敗戦 引分 勝率 最新出場年度 最新優勝年度 決定球場
(対戦相手) (対戦相手) (当時球場名)
01/巨人 34 22 12 198 109 87 2 .556 2013年(楽天) 2012年(日本ハム) 東京ドーム
02/西武(西鉄) 21 13 8 130 68 60 2 .531 2008年(巨人) 2008年(巨人) 東京ドーム
03/ソフトバンク (南海・ダイエー) 17 8 9 99 48 50 1 .490 2017年(DeNA) 2017年(DeNA) 福岡ヤフオク!ドーム
04/ヤクルト 7 5 2 41 24 17 0 .585 2015年(ソフトバンク) 2001年(近鉄) 明治神宮野球場
05/オリックス (阪急) 12 4 8 70 31 37 2 .456 1996年(巨人) 1996年(巨人) グリーンスタジアム神戸
06/ロッテ (毎日・大毎) 6 4 2 32 17 14 1 .548 2010年(中日) 2010年(中日) ナゴヤドーム
07/日本ハム(東映) 7 3 4 41 19 21 1 .475 2016年(広島) 2016年(広島) MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島
08/広島 7 3 4 48 20 25 3 .444 2016年(日本ハム) 1984年(阪急) 広島市民球場
09/中日 10 2 8 60 23 36 1 .390 2011年(ソフトバンク) 2007年(日本ハム) ナゴヤドーム
10/DeNA (大洋・横浜) 3 2 1 16 10 6 0 .625 2017年(ソフトバンク) 1998年(西武) 横浜スタジアム
11阪神 6 1 5 36 13 22 1 .361 2014年(ソフトバンク) 1985年(西武) 西武ライオンズ球場
12楽天 1 1 0 7 4 3 0 .571 2013年(巨人) 2013年(巨人) 日本製紙クリネックススタジアム宮城
13/近鉄 4 0 4 26 10 16 0 .385 2001年(ヤクルト) 02/日本一経験なし / 現存しない球団
14/松竹 1 0 1 6 2 4 0 .333 1950年(毎日) 01/日本一経験なし / 現存しない球団

対戦カード[編集]

いずれも前身球団を含めて実現済みの対戦カードは、勝敗にかかわらずそのカードでの最新対戦年を表記し、一部はカッコ内に対戦回数を表示[6]。一度もそのカードで対戦されていない場合は×をつけている。なお、セ・リーグの巨人、パ・リーグの西武とソフトバンクは相手リーグの全球団と対戦経験がある。

横軸:パ・リーグ球団
縦軸:セ・リーグ球団
日本ハム 楽天 西武 ロッテ オリックス[7] ソフトバンク
巨人 2012年 (3) 2013年 (1) 2008年 (10) 1970年 1996年 2000年 (10)
ヤクルト × × 1997年 (3) × 1995年 (2) 2015年 (1)
DeNA × × 1998年 (1) × × 2017年 (1)
中日 2007年 (2) × 2004年 2010年 × 2011年 (2)
阪神 1962年 (1) × 1985年 (1) 2005年 (1) × 2014年 (3)
広島 2016年 (1) × 1991年 (2) × 1984年 2018年 (1)

エピソード[編集]

  • 2005年大会 (千葉ロッテマリーンズ阪神タイガース) では、4試合合計の得点がロ 33 - 4 神 になる展開になった。この結果、「33-4」 としてネタにされるようになり、野球に関係しない場面でもこの334の並びが見えただけで 「なんでや!阪神関係ないやろ!」 と言われるようになった。
  • 前述の通りクライマックスシリーズが導入されたのは2007年からである。この年中日ドラゴンズがセ・リーグ2位から出場[8]、みごと優勝を果たした。ちなみに前年と同じ対戦カードで日本ハムと対戦した。
    • この3年後、今度は2010年大会で中日とロッテが対戦、ロッテはリーグ3位から出場し優勝。下剋上優勝と言われた。
    • この後にも2014年大会で阪神がリーグ2位から、2017年大会でDeNAがリーグ3位から出場したが、どちらも優勝を逃している。
  • 2013年大会東北楽天ゴールデンイーグルスが出場、そして優勝したことにより12球団は出場と優勝を必ず1回は経験している。また、2017年大会でDeNAが敗退したことにより、複数回出場したチーム (楽天以外の11球団) はすべて優勝と敗退の両方を1度は経験している。
    • また、2018年のパ・リーグのクライマックスシリーズでソフトバンクが優勝したことにより、最低でも一度、セ・リーグは西武とソフトバンクの2チームと、パ・リーグ (近鉄を含めた) 7球団は巨人との対戦を経験している。
  • 阪神とホークスは過去に1964年2003年2014年の3回対決しているが、このうちホークスは、1964年は 「南海ホークス」 、2003年は 「福岡ダイエーホークス」 、そして2014年は 「福岡ソフトバンクホークス」 として出場した。よって阪神は過去の3つの親会社時代に必ず1回対戦したことがある。さらに、3回ともすべてホークスが優勝している。
  • 2016年はセ・リーグの西端・広島とパ・リーグの北端・日本ハムの対決になったが、両球団の本拠地であるMAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島札幌ドームの間の直線距離は1231kmである。これは日本シリーズ史上最長の移動距離になり、「最長移動距離シリーズ」 とも呼ばれた。これはパ・リーグの西端・ソフトバンクとセ・リーグの東端・巨人の本拠地、福岡ドーム東京ドームの間の直線距離・890kmよりも341km長い。ちなみにホークスと巨人は2000年に対決している。
  • 長嶋茂雄王貞治巨人のV9時代ON砲で同じ釜の飯を食ってきたが、2000年大会では長嶋茂雄は巨人の、王はダイエー (現:ソフトバンク) の監督として対決することになった。この2人の対決から 「ON対決」 とも呼ばれた。同様に、2010年大会も中日・落合博満監督とロッテ・西村徳文監督が現役時代にロッテで同じ釜の飯を食ってきたことが注目された。
  • 2018年大会平成時代に開催される最後の日本シリーズとなり、結果はソフトバンクが優勝した。これにより平成時代に開催された日本シリーズに出場したことのある球団では、阪神[9]・広島[10]・近鉄[11][12]の3球団が平成時代に1度も日本一を達成できず終わることとなった。
  • 1989年大会では第1戦から第3戦にかけ近鉄が巨人に3連勝したが、この際近鉄の加藤哲郎投手が第3戦のヒーローインタビューで 「巨人はロッテより弱い」 と発言した。その発言により巨人ナインに火がついたのか、巨人が第5戦から第7戦にかけ4連勝し近鉄は日本一を逃すこととなった。

脚注[編集]

  1. 多くの場合、近年は 「にっぽんシリーズ」 と呼ばれる。
  2. パ・リーグ2004年から3年間開催されていたプレーオフでは、プレーオフの勝者がリーグ優勝チームとして扱われていた。
  3. 予定では第7戦も広島で開催予定だったが、第6戦で日本ハムの優勝が決定したため開催されなかった。
  4. 大会のロゴマークはアルファベットで 「KONAMI NIPPON SERIES 2011」 と表記。2012年・2013年大会では 「コナミ日本シリーズ20XX」 とカタカナを用いて表記。
  5. ロゴマークは左記のように日本語を用いたものと、アルファベットで 「SMBC NIPPON SERIES 20XX」 と表記したものと2種類がある。
  6. 例えば巨人日本ハム1980年2009年2012年の3回対戦しているが、この場合は2012年が最新対戦年になる。
  7. 合併前の記録は阪急ブレーブス→オリックス・ブルーウェーブのみ有効とし、近鉄バファローズの記録は含めない。
  8. この年のセ・リーグ優勝チームは読売ジャイアンツだった。
  9. 2003年・2005年・2014年の3回出場。なお2014年はセ・リーグ2位からクライマックスシリーズで優勝して出場権を得た。
  10. 1991年・2016年・2018年の3回出場。なお2017年にもリーグ優勝しているが、クライマックスシリーズでDeNAに敗れ出場できなかった。
  11. 1989年・2001年の2回出場。
  12. 2004年球界再編によりオリックス・ブルーウェーブに合併され消滅。