アルファベット

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アルファベットは、英語など数多くの言語で使われるラテン文字。大文字と小文字がある。

英語[編集]

英語のアルファベットは、AからZまで26個ある。大文字固有名詞の冒頭、特に強調する場所など、特別な場合のみ用いられ、通常は小文字を用いる。ラテン語圏ではHの際に声を出さないことが多い。

日本語[編集]

日本語は、本来はアルファベットは使われないが、グローバル化が進むにつれて、WHO(世界保健機関)やNHK(日本放送協会)といった略語などにアルファベットを用いることも増えてきている。