DFGHJKL

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

DFGHJKL(ディーエフジーエイチジェーケーエル)とは、

  • QWERTY配列の英字中央段の「ASDFGHJKL」の「D~L」の部分。
  • 子音字全体をABC順にしたものである「BCDFGHJKLMNPQRSTVWXYZ」の「D~L」の部分。

偶然この2つは完全に一致している。共通部分:DFGHJKL。

わかりやすく言うと、ABC順に並べたアルファベット全体は「ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ」で、母音字は「A,E,I,O,U」の5文字で、それ以外は子音字で、子音字全体はアルファベット全体から母音字「A,E,I,O,U」の5文字を引いたもので、子音字をそのままABC順に並べ、「BCDFGHJKLMNPQRSTVWXYZ」となり、その中の「D〜L」は、「DFGHJKL」で、「QWERTY配列」の英字中央段の「ASDFGHJKL」の「D〜L」の部分(DFGHJKL)と完全に一致していることがわかる。

※共通部分が、赤く書かれてあります。

  • ABC順のアルファベット全体…ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ
  • 子音字全体は、ABC順のアルファベット全体から「母音字:A,E,I,O,U」を引いたもので、BCDFGHJKLMNPQRSTVWXYZ
  • QWERTY配列の英字中央段=ASDFGHJKL
Q
W
E
R
T
Y
U
I
O
P
A
S
D
F
G
H
J
K
L
Z
X
C
V
B
N
M

共通部分=DFGHJKL

これで見ると、QWERTY配列の一部分はABC順に見え、ABC順に並べたキーボード配列から母音のみ移動させたもので、そのまま共通部分の「DFGHJKL」が残ったと考えられる。

関連項目[編集]