世界保健機関

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディア世界保健機関の項目があります。

世界保健機関(せかいほけんきかん、英: World Health Organization、仏: Organisation mondiale de la santé、略称: WHO、OMS)とは、1948年に発足した国連の専門機関である。国連非加盟の台湾バチカンなどを除く194カ国が2020年5月の段階で加盟している。最高議決機関は予算などを決定する総会である。2018年から2019年にかけての2年間の予算は合計で約56億ドル(日本で約6000億円)と見られ、アメリカが最多の14.7パーセントを負担している。アメリカのマイクロソフト創業のビル・ゲイツとその妻の慈善団体が9.8パーセント、発展途上国へのワクチン普及を目指す非政府組織・「Gaviワクチンアライアンス」が8.4パーセントと続いている。日本は2.7パーセントで、中華人民共和国は0.2パーセントである。

2019年末から2020年初頭にかけて新型コロナウイルスが拡大した際、WHOは中華人民共和国に対して忖度した疑惑が持たれており、またコロナ対策でも単なる広報係でしかなく建設的な対応がほとんどできていないことから、その存在の必要性が世界的に疑問視されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]