T

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

T(ティー)とは、アルファベットの20文字目。子音字。小文字はt。QWERTY配列で、英字最上段の左から5文字目。アルファベット読みの発音の呼称は、英語のスペルでは「tee」、発音記号は「ti:」。

意味[編集]

  • Tのフォニックス=トゥ(t)。

ローマ字の「た行」。ローマ字入力で、「TA TI TU TE TO」→「た・ち・つ・て・と」となるが、これだと不完全な「た行」なので、完全な「た行」の調音で書く場合は、「た・てぃ・とぅ(てゅ)・て・と」となる。TIは、フォニックスでは「ティ」、ローマ字入力では「ち」。「ち」は、ヘボン式では「CHI」、「てぃ」は、ローマ字入力では「THI」と打たなければならない。TUは、フォニックスでは「トゥ」「テュ」、ローマ字入力では「つ」。「つ」は、ヘボン式では「TSU」、「とぅ」は、ローマ字入力では「TWU」、「てゅ」は「THU」と打たなければならない。「とぅ」と「てゅ」は、発音が近い。

(注)「TH」を子音字とするローマ字入力は、「た行の拗音」=所謂「てゃ行」で、「THA THI THU THE THO」→「てゃ.てぃ.てゅ.てぇ.てょ」となり、完全な『た行』の調音の一種であるが、英単語のスペルで、「TH」の連続子音で表されるフォニックスは、「ティ(t,ti)=完全な『た行』の調音」で発音されることは少なく、「ス(θ)=さ行」「ズ(ð)=ざ行」で発音されることが多い。 THのフォニックスが、ローマ字入力での発音と同じく、「ティ(t,ti)=完全な『た行』の調音」で発音される「TH」は、theme,thai,Beethoven,thomas,ethanol,thompson、ぐらいしかない。 この内容から考えると、ローマ字入力で「てゃ行(た行の拗音)」=「てゃ.てぃ.てゅ.てぇ.てょ」は、分割入力である「TEXYA TEXI TEXYU TEXE TEXYO」の方が良い場合もある。「TH」を子音字とするローマ字入力を、フォニックスで表すと、Hは発音せず、サイレントHかもしれない。

発音の曖昧さ回避については、TI(た行の子音にい段)…発音は「ティ」。「チ」「ティ」との混同を避けるには、「チ」は「CHI」、「ティ」はローマ字入力の「THI」を用い、曖昧さなく回避できる。絶対間違いない。「CHI」=絶対「チ」、「THI」=絶対「ティ」になる。TU(た行の子音にう段)…発音は「トゥ」「テュ」。「ツ」「トゥ」「テュ」との混同を避けるには、「ツ」は「TSU」、「トゥ」はローマ字入力の「TWU」、「テュ」はローマ字入力の「THU」を用い、曖昧さなく回避できる。絶対間違いない。「TSU」=絶対「ツ」、「TWU」=絶対「トゥ」、「THU」=絶対「テュ」になる。

ローマ字入力におけるT[編集]

TA TI TU TE TO
TYA TYI TYU TYE TYO
ちゃ ちぃ ちゅ ちぇ ちょ
TSA TSI TSU TSE TSO
つぁ つぃ つぇ つぉ
THA

[TEXYA]

THI

[TEXI]

THU

[TEXYU]

THE

[TEXE]

THO

[TEXYO]

てゃ てぃ てゅ てぇ てょ
TWU
とぅ

外部リンク[編集]

ラテン文字一覧
Aa - Bb - Cc - Dd - Ee - Ff - Gg - Hh - Ii - Jj - Kk - Ll - Mm - Nn - Oo - Pp - Qq - Rr - Ss - Tt - Uu - Vv - Ww - Xx - Yy - Zz