Enpedia:除去は慎重に

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Emblem-person-blue.png エンペディアンの私論
この文書は、エンペディアン(当サイト利用者)による私論です。
公式に定められた方針やガイドではありませんのでご注意ください。
エンペディアの使い方
ヘルプ目次 / FAQ / コミュニティ

アカウント作成 / 編集 / 署名 / テスト編集の場所 / 転載のやり方

日記 / 自己紹介掲示板 / ファンサークル / などなど…

質問・議論・依頼・報告

利用案内 (質問) / フォーラム (議論) / 依頼等 / 管理者への依頼 / バグの報告 / 問題の報告

方針(管理)

削除 / 保護 / 復帰 / 投稿ブロック / 投票権 / 移入 / エスケープ転載 / 著作権 / カテゴリ運用 / インポート

お知らせ / 素晴らしいのか / 素晴らしくないのか / ユーモア精神

エンペディアでは、記事のなかの記述の除去には慎重であることが求められます。情報量は多ければ多いほどよいのです。記事のなかから記述を除去したくなったときは、両論併記などの他の手段をとれないか、一度考えてみてください。

エンペディアでは、ウィキペディアのようなwp:検証可能性wp:独自研究wp:中立的な観点wp:特筆性といった方針・ガイドラインにはありません。ですから、あなたがそういったルールをそのままエンペディアに持ち込んで、記事の記述を除去しようとすることは歓迎されません。

Enpedia:エンペディアについてにあるとおり、エンペディアは自由なゆるいサイトであることを標榜しています。あなたはウィキペディアでは許されないような、独自研究や検証不可能な噂でも自由に書くことができます。そのような自由さやゆるさは、ある人が書いた記述や記事が、基本的には除去されたり削除されたりしないということによって実現するでしょう。

とはいっても、明らかな間違い、例えば、ある人の誕生日が違っているとか、そういうことについては直すことは歓迎されます。それでは、確実に間違っているとまではいえないけれど、「どうも怪しいぞ」「間違っているかもしれない」と思う事柄の記述があるときはどうすればよいでしょう? そのような場合、あなたはその記述が「間違っている可能性がある」「検証不可能である」ということを理由とともに、記事のなかに書き込んでしまうという手段をとることができます。

なら、どうも自分の考えとは違う、主観的な解釈や思想(独自研究)が記事に書き込まれている場合は? あなたはそのような記述を許せないと思うかも知れません。けれど、それが法的リスクのある誹謗中傷のようなものでないかぎり、記述を単純に消してしまうことは思いとどまってください。一般的に良い手段であると考えられるのは、他の人が書いた該当の考えと並べて、それを打ち消すあなた自身の考え(独自研究)を記事のなかに書いてしまうことです。いわゆる、両論併記です。

こうして記述が増えていくと、記事が長くなりすぎて「どうも見通しが悪いぞ」とか「あんまり関係ないことが含まれているんじゃない?」ということが起こってくるかもしれません。そうしたときは、あなたは記事の分割を検討することができます。なにせエンペディアでは特筆性の基準はないため、そして情報を無差別収集を禁止する方針はないため、分割は簡単です。ですから、あなたは記事の分割によって、親記事の整理を図りながらも、新しい記事を作って有用な記述を活かすことができます。

つまり、多くの場合、あなたは除去よりも良い手段をとることが可能です。そのような手段をとれば、あなたは他人と衝突せず、エンペディアの情報量を増やすことができるでしょう。

関連した議論[編集]

関連項目[編集]

Q&Aよくある質問と回答
指針自警行為の指針 - エンペディアを紹介するには - ガイドラインの書き方 - 翻訳 - エンペディアでやってはいけないこと - 利用者ページ - 論争の解決 - 空気を読む - rxyが足りない - オープンプロクシは使わない - 除去は慎重に
意見なぜエンペディアは素晴らしくないのか - なぜエンペディアは素晴らしいのか
問題
荒らし荒らし - 要旨荒らし - 安易に荒らしと呼ばない
泥仕合 - 利用者同士の紛糾
その他
Enpedia性利用者:Rxy/Enpedia性 - 利用者:Psleru/Enpedia性
テンプレート:私論 - すげえ頑張ったで賞
この関連文書は、エンペディアン(当サイト利用者)による私論です。
公式に定められた方針やガイドではありませんのでご注意ください。