Rest:エンマネー

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索
息抜きの場 > エンマネー

エンマネー』は、エンペディアのみで使用される架空のお金のようなものです。また、それを用いてエンペディアンの間でクレジットを交換したりするシステムです。

エンマネーについて[編集]

ウィキペディアウィキマネーのシステムと似たシステムですが、まだ詳しい規則は決まっていません。

単位は『エン』、記号は『』や『E』『』『¥』等です。『EP』(エンペディア・ポイント)とも言います。エレクトラム貨幣とは関係ありません。

多少、日本の通貨単位の『』とかけていたりします。なお、現実世界(本物)の現金やとは無関係です。

エンマネーの入手方法[編集]

  • 編集回数10回達成、20回達成、50回達成、100回達成、500回達成、1,000回達成でそれぞれ5ヱ(合計30ヱ)獲得できます。なお、取得は1回きりです。編集回数のデータは、特別:個人設定特別:編集回数に記録されています。
  • 編集回数が1,000回達成以後はしばらく編集回数でヱをもらうことはできませんが、10,000回を達成した場合はこれまでの活動功績として10000回毎に100ヱ付与されます。但し、10万回、100万回の節目毎に、通常のボーナスの代わりにそれぞれ1000ヱ、10000ヱ付与されます。
  • リクエストに応えた場合に依頼者が元々提示していた額のエンマネーを貰えます。
  • Enpedia:執筆依頼にある記事を立項すれば、1記事辺り1EP貰えます。
  • 感謝賞みたいな機能が始まれば、そこでもエンマネーの付与が行われるかもしれません。
  • その他の入手方法については現在、このページのトークページにて議論が行われています。
  • 【注意】IPユーザーは、エンマネーをもらうことができません。

エンマネーを使ってはいけないこと[編集]

  • エチケットに反することはしないでください。

リクエスト[編集]

この節ではリクエストを出す事ができます。ここから下に書き込んでください。終了したリクエストは#終了したリクエストの節に移動してください。リクエスト後ある程度の時間が経過したがまだ解決していないものは#経過したリクエストの節に移動してください。

リクエストの例[編集]

○○のページの△△の節の不足している部分を加筆した方に1ヱ差し上げます。--Example(トーク)2014年10月3日 (金) 11:30 (JST)

加筆しましたが、宜しいでしょうか?--見本のアカウント(トーク)2014年10月3日 (金) 14:50 (JST)
ありがとうございます。1ヱ受け取ってください。--Example(トーク)2014年10月4日 (土) 05:12 (JST)
  • なお、実際はリクエストに応えた時点で口座を更新して良い。

記事執筆のリクエスト[編集]

  • (有効期限:JSTで2018年末)医薬用外劇物の赤リンクとなっている記事を作成した方に、作成数の0.09倍を切り捨てた分だけ、「私の」title=ヱを差し上げます。また、政令指定の劇物を、有機シアン化合物の例外を含めて書いた人(jawpからの転載は含めない)に、「私の」5title=ヱを差し上げます。(逆に言えば、借金しないようにとの私への戒めです。)リンゴ (トーク) 2018年8月8日 (水) 23:33 (JST)
最大10title=ヱです!ぜひがんばってください。リンゴ (トーク) 2018年8月9日 (木) 19:59 (JST)

画像のリクエスト[編集]

  • 浴槽の画像を提供してくれた人に2エン差し上げます リンゴ (トーク) 2018年8月10日 (金) 10:33 (JST)

経過したリクエスト[編集]

リクエスト後ある程度の時間が経過したリクエストをここに移動します。

終了したリクエスト[編集]

終了したリクエストをここに移動します。

口座[編集]

Rest:エンバンクを参照