Enpedia:なぜエンペディアは素晴らしくないのか

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索
Emblem-person-blue.png エンペディアンの私論
この文書は、エンペディアン(当サイト利用者)による私論です。
公式に定められた方針やガイドではありませんのでご注意ください。
エンペディアの使い方
ヘルプ目次 / コミュニティ・ポータル
お知らせ / よくある質問と回答
素晴らしいのか / 素晴らしくないのか
編集方法
アカウント作成 / 編集 / 署名
テスト編集の場所
削除 / 保護 / 復帰 / 投稿ブロック
投票権 / 移入 / エスケープ転載
著作権 / カテゴリ運用 / インポート
質問・議論・依頼・報告
利用案内 (質問) / フォーラム (議論)
依頼等 / 管理者への依頼
バグの報告 / 問題の報告
日記 / 自己紹介掲示板 / などなど…
テンプレート

エンペディアは素晴らしいものでないという意見があります。その指摘の一部をここで紹介します。

出典が明記されていない[編集]

ウィキペディアでは、内容が正しいことを証明するために、すべての記述に対して出典を明記することが求められます。これは、ウィキペディアにおける最も基本的な方針の一つです。しかし、エンペディアでは、「自由に書ける」という名目のもと、出典を明記しなくても良いということになっています。

これは、執筆者がストレスなく記事を執筆できるという点において有効ですが、もし記事の主題についてあまり理解していない執筆者が居たらどうなるでしょう。記事に誤った情報を混入させてしまうおそれがあります。

特筆性の基準がない[編集]

エンペディアには、どの程度の知名度や一般性があれば独立した記事として取り扱うべきかという基準がありません。これにより、しばしばエンペディアが設立されたばかりの会社や人物の宣伝場になってしまうことがあります。なお、ウィキペディアには独立記事作成の基準が設けられており、このようなことが起こることはありません。基準を満たさない記事は削除されます。

しかし逆に、これがエンペディアの優れた点であると考える人もいます。また、特筆性がないとしてウィキペディアから削除された記事は、代わりにエンペディアに掲載されることがあります。

中立的な観点[編集]

エンペディアでは、記事に執筆者の意見や主張を載せることができます。執筆者の意見や主張が混じっている記事は、中立的でありません。中立的でない記事というのは、百科事典の記事としてはあってはならないものです。

ただし、エンペディアは「謎の百科事典もどき」であることを忘れてはいけません。百科事典の記事としてはあってはならないものでも、エンペディアの記事としては認められます。

関連項目[編集]