Enpedia:児童・生徒の方々へ

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ここでは、主に未成年(まだ18才になっていない人)で、エンペディアに参加したい人が、気を付けるべきことをまとめています。エンペディアへの参加を始める前に、読むとよいでしょう。すでに何か問題を起こしてしまっている人も、これを読むことでうまくいくかもしれません。

このページのことばの意味いみがわからなければ、エンペディアに参加さんかするのはもうすこしおおきくなってからにしましょう。

子どもも大人も、エンペディアでは平等です[編集]

エンペディアには、参加するみんなが守らなければならないルールがあります。これを方針ほうしんといいます。方針を守らないと、エンペディアに参加できなくなってしまうこともあります。これを「ブロック」といいます。

そして、エンペディアでは、「子どもだからブロックしないであげよう」というように、子どもであることを理由に大目に見ることはしません。なぜなら、あなたが「私は子どもです」と言ったとしても、本当に子どもかどうかはこちらには分からないからです。エンペディアでは、子どもも大人も、みんな平等なのです。

あなたがルールを守らなければ、大人と同じようにブロックされます。あなたは、本当に大人たちの間に入って、ルールを守ってエンペディアに参加できるのか、よく考えましょう。

エンペディアはどんな場所?[編集]

エンペディアは、なぞ百科事典ひゃっかじてんもどきということになっています。「謎の」というのは、「何なのかよくわからない」、「もどき」というのは「まねして作ったもの」という意味です。つまり、「何なのかよくわからないけど、百科事典をまねして作ったもの」がエンペディアです。

学校の図書室に行けば、『ポプラディア』のような、何巻にも分かれた本があるでしょう。それが百科事典です。開いてみると、科学や社会のことなど、いろいろなことが書いてありますね。大人向けの百科事典は何十冊にも分かれていることもあります。これだけたくさんあると、多くの学者に頼んで書いてもらうので、でき上がるまでに何年もかかります。しかも、書いてあることが古くなったからといって、すぐに出し直すことはできません。もちろん、持ち運ぶには重すぎますね。そこで、今はインターネットを使った百科事典があります。インターネットなら、パソコンやスマートフォンからいつでもどこでも見られますし、古くなったところもすぐに直せます。

では、その百科事典「もどき」とは何なのでしょうか。「ウィキペディア」というサイトを知っていますか。GoogleやYahoo!で調べると上の方に出ることが多いので、知っている人も多いでしょう。このウィキペディアは、記事の量はもちろん、記事がどれだけ分かりやすく、正しいかという点においても、今までで一番よい百科事典になることを目指しています。このために、ウィキペディアには細かいルールがたくさんあります。しかし、「こんなに細かいルールを守るのはいやだ、もっと自由に書きたい」と思う人も出てきました。そういう人が作ったのが、エンペディアです。

エンペディアは、百科事典のようにいろいろなことについて書いていますが、あくまで百科事典をまねしているだけですから、ウィキペディアのような細かいルールはありません。自由に書ける、ということを大切にしています。

こんなことをしてはだめです[編集]

とはいえ、ルールが何もないわけではありません。初めに話したように、「これだけは守ってほしいこと」というルールはあります。

落書きをすること[編集]

記事に、何の意味もない落書きをしてはいけません。そういう記事は、消されてしまいます。

丸写しをすること[編集]

本やホームページから丸写しをしてはいけません。本やホームページを丸写しして、自分が書いたものとして発表すると、著作権法ちょさくけんほうを守っていないことになります。そういうものはエンペディアから消さなければならなくなりますし、あなたが捕まってしまうかもしれません。気を付けてください。本やインターネットで調べて書くときは、丸写しはせずに自分の言葉で書くようにしましょう。

なお、ウィキペディアなどから丸写しするときは特別に、「どこに書いてあったものなのか」を書くなどのルールを守れば、丸写ししてもいいことになっています。しかし、このルールを守るには、いろいろ大変なことをしなければなりません。また、エンペディアは、ウィキペディアを丸写ししただけのサイトにはなりたくないので、エンペディアのほうでもルールを決めています。このルールを守るのは大変なので、初めのうちはウィキペディアの丸写しもしないほうがいいです。

他の人の名前や住所を書くこと[編集]

名前や住所、生まれた年月日のように、その人がだれなのか分かってしまうもののことを個人情報こじんじょうほうといいます。エンペディアに他の人の個人情報を書いてはいけません。そのようなものが書かれたら、消すことになります。なぜなら、全ての人は、知られたくないことを他人に知られない権利を持っているからです。これをプライバシーといいます。もちろん、有名な人で、個人情報が新聞や本やその人のホームページに書いてあったら、エンペディアに書いてもいいです。ただし、書いていないことを書いてはだめです。例えば、新聞や本やホームページで住所が「○○県○○市」までしか書いていないのに、「○○町○丁目○番地」まで書いてはだめです。

他の人のも駄目ですが、あなた自身の名前や住所も、書くのは駄目ですよ。エンペディアは世界中誰でも読むことができるので、悪いことを考える人も見るんです。そんな人は、個人情報を使って悪いいたずらしたりします。そんな目にあったら、困るのはあなた自身であり、あなたのお父さん、お母さん、ご家族です。それでもかまわないから載せたい、などと言っても、本当は誰の個人情報なのか他のエンペディアンは誰も知らないので、消すことになります。

これはエンペディアだけでなく、他のサイトでも同じです。

悪口などのいじめ[編集]

学校と同じように、エンペディアでもいじめは絶対にしてはいけません。たとえば、納得できないことがあっても、「このバカ!」や「お前本当に日本人かい?」などという悪口を言ってはいけません。そうすると、あなたがエンペディアに参加できなくなってしまうかもしれませんし、名誉棄損めいよきそん侮辱ぶじょくという犯罪になることもあります。

その他[編集]

  • エンペディアには写真をのせられますが、はだかの写真や血を流している人の写真など、見た人がいやになるような写真はのせないでください。
  • エンペディアのアカウントにログインするために使うパスワードは、あなたがあなたであることを確かめる大切なものです。絶対にエンペディアにのせたり、ほかの人に教えたりしないでください。もしパスワードをエンペディアにのせたらブロックされるかもしれません。

大切にすべきこと[編集]

  • 自分の価値観を押し付けないでください。
  • 価値観が食い違えば、他のユーザーと話し合いをすることができます。この機会を活用しましょう。
  • 行動する前に、よく考えてください。

何かあったときは[編集]

エンペディアで何か気になったことがあれば、Enpedia:利用案内で聞きましょう。また、あなたが注意されたり、ブロックされたりしたら、もう一度このページを見直して、何がだめだったのか考えてみてください。なお、ブロックされた場合、別のアカウントを作ったり、ログアウトしたりして参加することは絶対にやめてください。

お役立ちヒント よくある質問と回答 / 利用者ページ / 他サイトとの同一性証明 / エンペディアを紹介するには / 亀レスには相手の名前を書こう‎‎ / 記事を書いたら関連ページも更新しよう / WikipediaとEnpediaは違います。
指針 ガイドラインの書き方 / 自警行為の指針 / 初心者をいじめないでください / エンペディアでやってはいけないこと / 翻訳 / オープンプロクシは使わない / 児童・生徒の方々へ‎‎ / 名誉毀損・プライバシーの判例 / 記事の中に別記事の説明を載せる時は少しだけで / 心安らかにエンペディアで過ごす方法 / 自己主張はほどほどに / サーバー負荷を気にしすぎない
意見 なぜエンペディアは素晴らしくないのか / なぜエンペディアは素晴らしいのか / エンペディアは何であってもよいか
問題
荒らし 荒らし / 安易に荒らしと呼ばない
泥仕合 / 除去は慎重に / ちょっとの編集も慎重に / 利用者同士の紛糾 / 論争の解決 / 空気を読む / 追放 / rxyが足りない
その他
Enpedia性 利用者:Rxy/Enpedia性 / 利用者:Psleru/Enpedia性
よみもの:Enpediaでの生き残り方 / 管理者のIPv6匿名ユーザーブロックに関する私論 (注:管理者向け) / テンプレート:私論
この関連文書は、エンペディアン(当サイト利用者)による私論です。
公式に定められた方針やガイドではありませんのでご注意ください。なお、参考として私論を使用することは制限されません。