Enpedia:エンペディアを紹介するには

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Emblem-person-blue.png エンペディアンの私論
この文書は、エンペディアン(当サイト利用者)による私論です。
公式に定められた方針やガイドではありませんのでご注意ください。

エンペディアを自身のウェブサイトなどで紹介しようという方は、このページが役に立つかもしれません。

バナー[編集]

エンペディアのロゴはパブリックドメインですので、非営利・営利目的に関わらず使用できます。そのため、以下のバナーに限らなくても、あなた自身で(勝手に)作ることも可能です。

以下には、現在エンペディアに用意してあるバナーを紹介します。追加歓迎。著作権に抵触しない範囲ですきに作っても構いません。

200px×40px[編集]

ファイル:Enpedia banner.png Enpedia banner.png

リンク[編集]

エンペディアは基本リンクフリーです....☆ エンペディア自体の事を紹介したいのならメインページ、気に入ったページとかを紹介したいのならそのページにでもリンクをつけると無難でしょう。

たとえば、「個人の感想です」という記事を紹介したいのなら、HTMLソースに<a href="https://enpedia.rxy.jp/wiki/個人の感想です">個人の感想です - Enpedia</a>などといった感じでリンクを貼ると良いかもしれません。また、上のバナーを活用するとしたら、<a href="https://enpedia.rxy.jp/wiki/個人の感想です"><img src="(ファイル名)" alt="個人の感想です - エンペディア"></a>としても良いかもしれません。ほかにも、CSSを利用してボタンを作ってみたり様々な方法があります。

要するに、リンクをしたいんならどこでも好きにリンクをつけてくれればいいよ~ということです。

リンク時のURLに関する注意[編集]

MediaWikiシステムにより、「https://enpedia.rxy.jp/wiki/個人の感想です」などと、日本語ページ名をそのまま含んだURLが各ページに生成されます。場合によっては「https://enpedia.rxy.jp/wiki/%E5%80%8B%E4%BA%BA%E3%81%AE%E6%84%9F%E6%83%B3%E3%81%A7%E3%81%99」などとパーセントエンコーディングされて表示されることもあります。

これらは一長一短あり、前者のアドレスは短いうえにページ名が一目でわかりますが、「http」を感知して自動でリンクされるサービスでは日本語の部分でリンクが切れてしまうこともあります。

  • 例:

後者は長くなってしまいますが、URLが英数字記号のみで完結するため自動リンクが切れにくくなります。Twitterにリンクを貼りつけたい場合はこちらをご利用ください(いくら長くなってもカウントされる文字数は変わりません)。

どんなページをお勧めすればいい?[編集]

たとえばあなたがホームページでEnpediaを紹介する際、Enpedia:メインページだけでは味気ないなーと思った場合は、あなたのお好きな記事やEnpediaの名物記事のリンクを添えて紹介すると効果的かもしれません。どんな記事を紹介すればEnpediaを分かってもらえるのか悩ましいときは、Enpedia:おすすめ項目 (仮)にまとめられた珠玉の記事たちから探してみるといいかもしれません。

関連項目[編集]

お役立ちヒントよくある質問と回答 / 利用者ページ / 他サイトとの同一性証明 / エンペディアを紹介するには / 亀レスには相手の名前を書こう‎‎ / 記事を書いたら関連ページも更新しよう
指針ガイドラインの書き方 / 自警行為の指針 / 初心者をいじめないでください / エンペディアでやってはいけないこと / 翻訳 / オープンプロクシは使わない / 児童・生徒の方々へ‎‎ / 名誉毀損・プライバシーの判例 / 記事の中に別記事の説明を載せる時は少しだけで / 心安らかにエンペディアで過ごす方法
意見なぜエンペディアは素晴らしくないのか / なぜエンペディアは素晴らしいのか
問題
荒らし荒らし / 安易に荒らしと呼ばない
泥仕合 / 除去は慎重に / ちょっとの編集も慎重に / 利用者同士の紛糾 / 論争の解決 / 空気を読む / 追放 / rxyが足りない
その他
Enpedia性利用者:Rxy/Enpedia性 / 利用者:Psleru/Enpedia性
よみもの:Enpediaでの生き残り方 / テンプレート:私論
この関連文書は、エンペディアン(当サイト利用者)による私論です。
公式に定められた方針やガイドではありませんのでご注意ください。なお、参考として私論を使用することは制限されません。