東京六大学野球リーグ

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索

東京6大学野球リーグは、1925年(大正14年)創立で大学野球として最も長い歴史を持つ。 加盟校は、加盟順に早稲田大学、慶應義塾大学、明治大学、法政大学、立教大学、東京大学の6大学の固定校制で入れ替え制はない。 春季(4月~5月)、秋季(9月~10月)に総当たりリーグ戦を週末、土曜日、日曜日を中心に神宮球場にてデーゲームで行う。 2勝を先に上げた方が勝ち点を取り、勝ち点が多い大学が優勝。勝ち点が同じ場合は、勝率が良い方が優勝。同率の場合は優勝決定戦で決定する。

優勝校には天皇杯が授与される。天皇杯は、一競技一授与となっている。 野球においては、プロ野球日本シリーズ優勝チームではなく、全日本大学野球選手権優勝校でもなく、東京6大学野球優勝校にのみ授与されている。このことが東京6大学野球リーグ優勝に一層の重みを感じさせている。