越境乗務

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

越境乗務は、鉄道乗務員が会社や乗務区の管轄範囲の外の区間でも乗務を行うこと。

実施の理由[編集]

基本的に鉄道乗務員は会社や乗務区の管轄範囲内でしか乗務しない。運転手も車掌も人間であり、覚えられる量に限界があるからである。

だがやむを得ない理由がある場合、越境乗務を行うことがある。その理由としては

  • 相手先の会社にその車両を運転できる人間が居ない
  • 会社・乗務区の境界駅に列車が止まらない
  • 長距離列車において車内トラブルを迅速に解決するため

の3つが挙げられる。

以前は夜行列車を中心に車掌の越境乗務が多数実施されていたが、夜行列車の廃止と東日本大震災後、国土交通省から「なるべく土地勘のある人間を乗務させるように」という通達が成された関係で、越境乗務は激減している。

主な事例[編集]

東武鉄道・野岩鉄道・会津鉄道[編集]

会津鉄道から野岩鉄道・東武鉄道へ乗り入れる気動車列車快速AIZUマウントエクスプレス、トロッコ列車湯めぐり号は野岩・東武に気動車の運転免許を持った運転手が在籍していないため、会津鉄道の乗務員が両社の区間内も運転する。

逆に会津鉄道には電車の運転免許を持った運転手が在籍していないため、野岩鉄道の運転手と車掌が会津鉄道線内でも乗務する。

北越急行・JR東日本[編集]

JR東日本線の区間になる直江津-犀潟間と六日町-越後湯沢間も北越急行の乗務員が乗務する。これは該当する区間の距離が短く、交代させると効率が悪化するためと思われる。

JR東日本・JR西日本[編集]

北陸新幹線において長野-上越妙高間はJR東日本の管轄となっているが、西日本との境界駅になる上越妙高駅に最速列車のかがやきが停車しないため、全列車が停車する長野駅で東西の乗務員が交代する。

名古屋市交通局・名古屋鉄道[編集]

小牧線と直通運転している上飯田線は開業当初は境界駅となる上飯田駅で交通局と名鉄の乗務員が交代していたが、上飯田線の距離が1kmにも満たないために効率が悪く、2007年から名鉄の乗務員が上飯田線内も乗務している。

JR東海・伊勢鉄道[編集]

名古屋から松阪、伊勢、南紀方面を結ぶ快速みえや特急南紀は名古屋側の境界駅である河原田駅を通過するためにJR東海の乗務員が伊勢鉄道線内も通しで乗務している。

伊勢鉄道線内完結の普通列車も四日市-河原田間はJR東海の管轄区間を走行するが、河原田駅で交代せず、JR東海区間も伊勢鉄道の乗務員がそのまま乗務している。