名鉄300系電車

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

名鉄300系電車とは、2002年に登場した、名古屋鉄道小牧線とその直通先の地下鉄上飯田線で使用される車両。

概要[編集]

小牧線上飯田線の専属運用のため、本線系列の車両とは様々な点で仕様が異なっており、初採用の物も多く取り入れられた。一部の思想が後の33003150系などにも引き継がれている。

上飯田線7000形とは、走行装置、電装品、運転台や客室設備を本形式と共通化が行われている。

車体[編集]

直通先の地下鉄上飯田線との規格に合わせ、100系200系以来の20m4扉車となった。

名鉄の車両としては初のステンレス製車体となる。

日車式ブロック工法を採用している。

車体窓下にはピンクと赤(名鉄スカーレット)の帯が配され、ピンクが地下鉄上飯田線、赤が名鉄を表している。

内装[編集]

通勤型車両としてはめずらしく、クロスシートが一部に配置されている、セミクロスシートである。

座席のモケットは青紫系で、現在の33003150系と類似している。

また、コスト削減のために側窓にはUVカットガラスが採用され、カーテンが省略されている。

運用[編集]

4両編成で連結運用は行わない。

編成組成[編集]

上飯田側からク310(Tc1)、モ320(M2)、モ330(M1)、ク340(Tc2)となっている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]