金沢八景駅

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
金沢八景駅
かなざわはっけい
Kanazawa-hakkei
所在地横浜市金沢区瀬戸
所属事業者KK 京浜急行電鉄
横浜シーサイドライン

金沢八景駅(かなざわはっけいえき)は、神奈川県横浜市金沢区にある、京浜急行電鉄(京急)・横浜シーサイドラインである。駅番号は京急がKK50、シーサイドラインが14

概要[編集]

当駅は京急本線逗子線シーサイドラインの3路線が利用可能となっている。

金沢区南部にある拠点駅の一つである。沿線住民の他にも当駅周辺には多数の高校や大学等の教育機関が立地しており、通学利用者も多い。また、八景島シーパラダイスへ向かう観光客や並木・幸浦地区に立地する工業地帯への通勤客の乗換駅となっている。近年では、京急線の快特が停車するようになったことや、駅改良工事により京急とシーサイドラインとの乗換がスムーズになったことからその重要度は増している。

京浜急行電鉄[編集]

京急 金沢八景駅
かなざわはっけい
Kanazawa-hakkei
所在地横浜市金沢区瀬戸15番1号
駅番号KK 50
所属事業者京浜急行電鉄(京急)
駅構造地上駅
ホーム2面4線
開業年月日1930年昭和5年)4月1日
乗入路線 2 路線
所属路線本線
キロ程40.9km(品川起点)
KK49 金沢文庫 (1.4km)
(1.9km) 追浜 KK54
所属路線逗子線
キロ程0.0km(金沢八景起点)
(1.3km) 六浦 KK51

島式ホーム2面4線を有する地上駅である。2019年1月には橋上駅舎改札口の供用が開始され、高架下にあった従来の手狭な改札口が幾分と改善された。従来の改札口はエレベーター専用改札となった。

北隣の金沢文庫駅までは京急で唯一の複々線区間となっている。追浜方では本線と逗子線が平面交差の形で分岐する。4番線ホームは総合車両製作所横浜事業所から横須賀線逗子駅までの狭軌回送線を併設しており、三線軌条となっている。かつては逗子線の列車を運休して日中時間帯に回送列車が通ることがあったが、現在は深夜に行われている。

1番線から逗子線方面に入線できないため、逗子・葉山行は原則として2番線から発車する。早朝・深夜やダイヤ乱れ時で逗子線内折り返し運転になる際は、4番線から発車する。横須賀方面は日中を中心に当駅で緩急接続を行う列車が多い。逗子・葉山行と横須賀方面の列車が接続する場合、先述の構造から横須賀方面の列車は1番線に入線することになるが、北隣の金沢文庫で接続を取る列車も多い。

上り列車は原則として本線は3番線、逗子線からの列車は4番線に入線する。平日朝の横須賀方面からの特急は4番線から発車する列車もある。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先 備考
1 KK 本線 下り 横須賀浦賀三浦方面  
2  
KK 逗子線 - 逗子・葉山方面  
3 KK 本線 上り 横浜品川新橋日本橋方面
羽田空港方面
 
4  
KK 逗子線 - 逗子・葉山方面 早朝・深夜

横浜シーサイドライン[編集]

横浜シーサイドライン 金沢八景駅
画像募集中.png
かなざわはっけい
Kanazawa-Hakkei
13 野島公園 (1.2km)
所在地横浜市金沢区瀬戸
駅番号14
所属事業者横浜シーサイドライン
所属路線金沢シーサイドライン
キロ程10.8km(新杉田起点)
駅構造高架駅
ホーム1面2線
開業年月日1989年平成元年)7月5日

島式ホーム1面2線を有する高架駅である。改札口はホーム先端にある。

開業から2019年までは、京急の金沢八景駅から東に200メートルほど離れた仮設駅での営業を行っていた。これは当駅周辺の商店街の地主との駅の場所をめぐって対立し、横浜市が駅の設置場所の再検討を行ったため、仮設駅での開業となった。このため当線は全線複線だが、当駅構内のみ単線になっており、片側の線路部分にホームを設置して利用していた。のりばが1線しかないことから、当駅では案内上ののりば番号は設定されていなかった。

2010年(平成22年)から「金沢八景駅東口地区土地区画整理事業」の具体的な計画が決定し、本設駅への延伸事業が始動した[1]。2019年3月31日に路線を0.2 km延伸し、京急の駅前に位置する本設駅が単線で暫定開業した。その後、仮設ホームの撤去と複線化が行われ、2021年2月14日から供用されることとなった。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1・2 金沢シーサイドライン 上り 並木中央新杉田方面

バス路線[編集]

京浜急行バス神奈中バスにより運行されている。駅に整備されたバスターミナル内の「金沢八景駅」及び、国道16号上に設置されている「金沢八景」が最寄りバス停である。

かつて仮設のバスターミナルが竣工する前は駅前の細い路地に停留所が存在した。また以前は神奈中の路線は駅前バスターミナルに乗り入れず、国道16号上の「金沢八景」バス停を「金沢八景駅」バス停としてそこを起終点としていたが、2019年3月26日から駅前のバスターミナルに乗り入れを開始するようになり、以前の「金沢八景駅」バス停は「金沢八景」バス停へと名称変更された[2]

金沢八景駅(駅ロータリー)

乗場 系統 経由 行先 運行事業者
1 文8 関東学院 【循環】金沢八景駅 京急
2 文21 大道中学校 三信住宅
3A 船08 朝比奈・上郷・本郷車庫・天神橋 大船駅 神奈中
金24 六浦・庄土 上郷ネオポリス
金25 夏山下・望美台
金28 朝比奈・上郷 本郷車庫
3B 鎌24 大道中学校・八幡宮 鎌倉駅 京急


金沢八景(国道)

※ ここでは駅ロータリー発着系統は省略する。

乗場 系統 経由 行先 運行事業者
4 金沢文庫谷津坂富岡 磯子駅 京急
文5 町屋 金沢文庫駅西口
4 追浜駅 追浜車庫
文6 六浦・白山道 金沢文庫駅西口

隣の駅[編集]

京浜急行電鉄(京急)
KK 本線・逗子線
「モーニング・ウィング号」
通過
「京急ウィング号」(下りのみ)・快特
金沢文庫駅 (KK49) - 金沢八景駅 (KK50) - 横須賀中央駅 (KK59)
エアポート急行
金沢文庫駅 (KK49) - 金沢八景駅 (KK50) - 六浦駅 (KK51)
特急・普通
金沢文庫駅 (KK49) - 金沢八景駅 (KK50) - 六浦駅(KK51)
金沢文庫駅 (KK49) - 金沢八景駅 (KK50) - 追浜駅 (KK54)
横浜シーサイドライン
金沢シーサイドライン
野島公園駅 (13) - 金沢八景駅 (14)

出典[編集]

外部リンク[編集]

KK 京急本線の駅一覧
押上方面<<)泉岳寺 - 品川 - 北品川 - 新馬場 - 青物横丁 - 鮫洲 - 立会川 - 大森海岸 - 平和島 - 大森町 - 梅屋敷 - 京急蒲田(>>羽田空港方面) - 雑色 -
六郷土手 - 京急川崎 - 八丁畷 - 鶴見市場 - 京急鶴見 - 花月総持寺 - 生麦 - 京急新子安 - 子安 - 神奈川新町 - 京急東神奈川 - 神奈川 - 横浜 - 戸部 - 日ノ出町 -
黄金町 - 南太田 - 井土ヶ谷 - 弘明寺 - 上大岡 - 屏風浦 - 杉田 - 京急富岡 - 能見台 - 金沢文庫 - 金沢八景(>>逗子・葉山方面)- 追浜 - 京急田浦 - 安針塚
- 逸見 - 汐入 - 横須賀中央 - 県立大学 - 堀ノ内(>>三崎口方面)- 京急大津 - 馬堀海岸 - 浦賀


KK 京急逗子線の駅一覧
横浜・品川・泉岳寺方面<<)金沢八景 - 六浦 - 神武寺 - *京浜逗子 - 逗子・葉山 - *逗子海岸
*打消線は廃駅