西郷隆盛

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディア西郷隆盛の項目があります。

西郷 隆盛(さいごう たかもり、文政10年12月7日1828年1月23日〉 - 明治10年〈1877年9月24日)とは、薩摩藩出身の軍人、政治家及び武士である。1872年から1873年の大日本帝国陸軍大将であり、近代日本陸軍初の元帥でもあった。

喫煙者であったが、下戸だったとの逸話も残る。身長約180cm体重約116kgと、今でも大柄な体格であったと言われている。肖像画や、上野公園の銅像が有名だが、本当の顔と違うとよく言われており、実際の肖像画などは存在しない。[1]

肥満体であったため、ドイツ人医師ホフマンに治療を受けており、運動として、相撲や狩猟などを行なっていた。征韓論の支持者であり、明治六年政変で、政府を脱退したうちの1人である。日本史史上最後の内戦・西南戦争では、旧薩摩藩士族側の総大将として参加するが、敗北し、1877年9月24日城山籠城戦にて、別府晋介の介錯で死去。NHK大河ドラマ「西郷どん」や、司馬遼太郎「翔ぶが如く」などの題材とされている。

関連項目[編集]

西郷隆盛を主題とした作品[編集]

主な伝記
  • 内村鑑三 『Representative Men of Japan』、1894年(1908年改訂)(訳書『代表的日本人』、岩波文庫、1995年)
  • 伊藤痴遊 『西郷南洲』、忠誠堂、1926-27年/ 平凡社「全集」、1929-31年
  • 香春建一 『西郷とその徒』、大道社、1934年。
  • 山田準 『南洲百話』、明徳出版社、1997年(新版)
  • 葦津珍彦 『永遠の維新者』、葦書房、新版1981年。葦津事務所(選書)、2005年
  • 平泉澄 『首丘の人・大西郷』、原書房、1985年。錦正社、2016年。各・新版
  • 山口宗之 『西郷隆盛 シリーズ陽明学』、明徳出版社、1993年、新版2010年
  • 江藤淳 『南洲残影』、文藝春秋、1998年、文春文庫、2001年
  • 『南洲随想 その他』、文藝春秋、1998年。新編・文春学藝ライブラリー(文庫判)、2016年
  • 桶谷秀昭 『草花の匂ふ国家』、文藝春秋、1999年
  • 落合弘樹 『西郷隆盛と士族 幕末維新の個性4』、吉川弘文館、2005年
  • 北康利 『西郷隆盛 命もいらず名もいらず』、ワック、2013年
  • 家近良樹 『西郷隆盛 人を相手にせず、天を相手にせよ』 ミネルヴァ書房<日本評伝選>、2017年
  • 先崎彰容 『未完の西郷隆盛 日本人はなぜ論じ続けるのか』 新潮選書、2017年
  • 川道麟太郎 『西郷隆盛 手紙で読むその実像』 ちくま新書、2017年
  • 河出書房新社編 『総特集 西郷隆盛 維新最大の謎』ムック本、2017年
小説
漫画
映画
テレビドラマ
テレビアニメ
  • ねこねこ日本史』(第一期2016年7月13日第13話 脇役、第二期2017年5月17日第36話 脇役、第三期2018年10月31日 第84話 脇役、第三期2018年4月4日第65話および2018年11月7日第85話 主役、演 : 大森日雅
歌謡曲
CM
  • 応研「大蔵大臣」:CGで表現されている。
  • 宝くじ:2017年のハロウイン編で仮装として登場した。

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. 本人はカメラ嫌いであったとの逸話が残っている。そのため、今伝わっている肖像画は弟の肖像画ではないかともいわれている。
  2. 旧版は全5巻、別版に『敬天愛人西郷隆盛』学研M文庫