炭素

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディアの生真面目ユーザーたちが炭素の項目をおカタく解説しています。

炭素(たんそ、英:carbon)とは、非金属元素の一つであり、元素番号は6で、第2周期元素かつ第14族元素典型元素である。

概要[編集]

炭素は生物に最も多く含まれる元素で、炭素なしには生物は誕生しえなかったといえるだろう。また、炭素が含まれている物質を有機物、含まれていない物質を無機物と区別して言う言い方があるように、化学においても炭素は極めて重要な元素である。

同素体[編集]

黒鉛(鉛筆の芯やカーボン用紙)やダイヤモンドフラーレン、など、多数の同素体が存在し、各同素体によって性質は大きく異なってくるが、いずれも融点は3500℃前後に達し、全ての元素の中で最も高くなっている。

同位体[編集]

詳細は「jawp:炭素の同位体」を参照

炭素11
ホウ素11になるらしい。
炭素12
陽子6つ、中性子6つ、電子6つ。炭素といったら基本これ。12C
炭素13
中性子が1つ多い7つ。放射性同位体ではない炭素13は年代測定に使用されず、考古学においては欠かせない存在ではない。
炭素14

詳細は「jawp:炭素14」を参照

中性子が2つ多い8つ。放射性同位体である炭素14は年代測定に使用され、考古学においては欠かせない存在である[1]
宇宙線によって上空で作られる、とされている。半減期は5730年で、β線を出して窒素14(普通の窒素)になるとされている。
  1. 太陽の活動が活発だと太陽地場の影響で地球に届く宇宙線の量が減り、生成される炭素14の量が減るらしい。
  2. 太陽の活動が低い時は太陽地場が弱くなり地球に届く宇宙線の量が増え、生成される炭素14の量が増えるらしい。
  3. 太陽の活動が活発だと太陽地場の影響で地球に届く宇宙線の量が減り、生成されるの量が減るらしい。
  4. 太陽の活動が低い時は太陽地場が弱くなり地球に届く宇宙線の量が増え、生成されるの量が増えるらしい。
  5. よって炭素14の量と雲の量は相関関係である。[Jokeこの一文には冗談が含まれています。真に受けるかどうかはあなた次第です。]

脚注[編集]