ウラン

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ウランは、アクチノイド元素元素番号92、記号Uプロトアクチニウムの後、ネプツニウムの前。自然界に多量に存在する最も元素番号の大きい元素なので(ネプツニウムプルトニウムはわずかに自然界に存在する)、ウランより元素番号の大きい元素を超ウラン元素という。原子力発電に利用される。最長命の同位体ウラン238半減期45億1000万年、地球の年齢とほぼ同じ。

濃縮ウラン[編集]

核燃料として使用するウラン235の純度を高めたもの。核燃料として使用した後は減損ウランと呼んだりするらしい。

劣化ウラン[編集]

濃縮ウランを生成後に残る、ウラン235を取り出し終えた残渣。ウラン238が主。その密度の高さを利用して運動エネルギー弾の弾頭に使用したりする[1]タングステンよりは安いらしい。

脚注[編集]

関連項目[編集]