酸素

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
酸素
液体酸素を積んだ宇宙船.jpg
液体酸素を積んだ宇宙船
化学式O2
常温での状態気体
液体:淡青色
密度g/L1.429
融点℃−218.4
沸点℃−182.96
CAS7782-44-7
酸素ボンベ
Wikipedia-logo.pngウィキペディア酸素の項目があります。

酸素(さんそ)とは原子の一種である。原子記号は「O」。空間では酸素分子 O2を形成して存在する。気体の酸素は、空気中に約20%含まれている。人類を含む多くの生命体にとって呼吸の際に消費されるため、生命維持のために必要不可欠な物質である。また、有機物燃焼させる場合にも酸素のはたらきが大きいため、やはり必要不可欠な物質である。

植物が行う光合成によって二酸化炭素が化学変化して発生するため、植物を植える作業が大切だと言われている。

その他[編集]

酸素原子は単独では存在せず、二個の酸素原子がくっ付いた状態で存在する。そのため反応式を書くのが難しいので例をあげておく。正解の例

水素と酸素が反応して水が生じる場合。

  • 2H2+O2→2H2O

ベンゼンと酸素が反応して二酸化炭素と水が生じる場合。

  • 2C6H6+15O2→12CO2+6H2O

間違いの例

  • H2+O→H2O
  • C6H6+15O→6CO2+3H2O

関連項目[編集]