酸素

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
酸素
液体酸素を積んだ宇宙船.jpg
液体酸素を積んだ宇宙船
化学式O2
常温での状態気体
液体:淡青色
密度g/L1.429
融点℃−218.4
沸点℃−182.96
CAS7782-44-7
酸素ボンベ
Wikipedia-logo.pngウィキペディア酸素の項目があります。

酸素(さんそ)とは原子の一種である。原子記号は「O」。空間では酸素分子 O2を形成して存在する。

概要[編集]

気体の酸素は、空気中に約20%含まれている。人類を含む多くの生命体にとって呼吸の際に消費されるため、生命維持のために必要不可欠な物質である。また、有機物燃焼させる場合にも酸素のはたらきが大きいため、やはり必要不可欠な物質である。

植物が行う光合成は、二酸化炭素が化学変化して発生する[1]

反応式について[編集]

酸素原子は単独では存在せず、二個の酸素原子がくっ付いた状態で存在する。そのため反応式を書くのが難しいので例をあげておく。

水素と酸素が反応してが生じる場合。

jawp:燃焼#水素ガスの場合」も参照

  • (正)2H2 + O2 → 2H2O
  • (誤) H2 + O → H2O

ベンゼンと酸素が反応して二酸化炭素と水が生じる場合。

  • (正)2C6H6 + 15O2 → 12CO2 + 6H2O
  • (誤) C6H6 + 15O → 6CO2 + 3H2O

メタンと酸素が反応して二酸化炭素と水が生じる場合。

  • (正)CH4 + 2O2 → CO2 + 2H2O
  • (誤)CH4 + 4O → CO2 + 2H2O

プロパンと酸素が反応して二酸化炭素と水が生じる場合。

  • (正)C3H8 + 7O2 → 3CO2 + 4H2O
  • (誤)C3H8 + 14O → 3CO2 + 4H2O

オクタンと酸素が反応して二酸化炭素と水が生じる場合。

  • (正)C8H18 + 17O2 → 8CO2 + 9H2O
  • (誤)C8H18 + 34O → 8CO2 + 9H2O

アセチレンと酸素が反応して二酸化炭素と水が生じる場合。

  • (正)C2H2 + 3O2 → 2CO2 + H2O
  • (誤)C2H2 + 6O → 2CO2 + H2O

オクタンが不完全燃焼してベンゼンが生じる場合[要出典]

  • (正?)C8H18 + 5O2 → C6H6 + 2CO2 + 6H2O
  • (誤?)C8H18 + 10O → C6H6 + 2CO2 + 6H2O

オクタンが不完全燃焼してメタンが生じる場合[要出典]

  • (正?)2C8H18 + 9O2 → 8CH4 + 8CO2 + 2H2O
  • (誤?) C8H18 + 9O → 4CH4 + 4CO2 + H2O

同位体[編集]

詳細は「jawp:酸素の同位体」を参照

安定同位体は「16O」「17O」「18O」の3つで「16O」が99.762%を占める。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. このとき発生する酸素は水が由来。