植物

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディアの生真面目ユーザーたちが植物の項目をおカタく解説しています。

植物(しょくぶつ)とは細胞壁を持つ生物で、一部の例外を除くほとんどの種が光合成を行って自ら栄養を蓄える植物界のすべての種である。食物連鎖の中では生産者に該当する。

概要[編集]

地球上のほとんどに生息する。水中にも藻類として多様な種類が生息する。大きさも数十メートルの高さの巨木から、1mmにも満たない藻類まである。かつては二界説によって細菌類菌類細胞細胞壁があることから植物に分類されていたことがあったが、その後、五界説により分解者として除外された。

種類[編集]

人間との関係[編集]

光合成によって酸素を供給し、いくつもの種類は食用となり農作物として栽培されている。燃料薬品として、木材建築物船舶にもなる。

食物連鎖との関連上、冷夏などで食用となる作物が育たなくなると、飢饉になったりする事もある。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]