出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
のビーチ
沖縄の海

は、地球などの岩石質の天体に存在する、膨大な量のなどの液体が溜まった部分。

地球の海[編集]

地球の海は、地球の表面の71%を占める。海水(海の水)には、3-4%のが溶けている。その他、ほとんどの元素が海水の中には存在している。地球上には、13.5億立方キロメートルの海水が存在する。地球上にある水の97%が海水である。

海洋の一覧[編集]

この他、太平洋には日本海東シナ海南シナ海、大西洋にはカリブ海などの付属する海も存在する。

海の利用[編集]

海には大量の塩があるので、海水を乾燥させて食塩として利用している。また、海水の塩分を取り除き、淡水にする機械も存在する。そして、ある程度の水温があれば、泳ぐことができる(海水浴)。

凍結[編集]

北極海や南極海は、凍結している時季・場所が多い。ただし、海水には塩分が含まれるので、0℃ではなく-1.8℃を下回らないと凍らない。また、の水と異なり、海水には対流があるため、なかなかこの水温を下回ることはない。凍った海水を海氷という。

海流[編集]

海には流れのあるものがあり、海流という。低緯度地方から高緯度地方へ流れる海流を暖流、逆は寒流という。日本周辺には、黒潮対馬海流などの暖流、親潮リマン海流などの寒流が存在する。

地球以外の海[編集]

太陽系の衛星の海[編集]

土星の衛星エンケラドスの地下には、水の海が存在するため、生命が存在することが期待されている。また、同じ土星の衛星タイタンにはメタンの海が存在する。

太陽系外惑星の海[編集]

太陽系外惑星にも海があると考えられているものが存在する。中には、表面全てが海になっていてがないものもあると考えられている。このような惑星を海洋惑星という。

関連項目[編集]