海の日

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

海の日(うみのひ)とは、7月の第3月曜日における国民の祝日の名称である。明治9年(1876年7月20日東北地方北海道巡幸した明治天皇灯台巡視船明治丸横浜港に帰港した。この日を記念して昭和16年(1941年)に海の記念日(うみのきねんび)に制定された。

平成8年(1996年)に日本は海の憲法と称される国連海洋法条約批准し、同年7月20日から発行されると同時に、この日は海の日になり、記念日も7月の第3月曜日に改められた。