光市

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディアの生真面目ユーザーたちが光市の項目をおカタく解説しています。

光市(ひかりし)は、山口県東部に位置する市である。周南地区の一角をなす。

概要[編集]

  • 人口移動統計調査によると人口は令和3年3月31の時点で49,013人 [1]である。
  • 2004年既存の光市が、隣接する大和町と合併して現在の光市が誕生した。この合併で伊藤博文が「当市出生の偉人」となった。

産業[編集]

周南地区につづく工業地帯として、工業が盛んで武田薬品工業の光工場をはじめ、多くの企業が軒を連ねている。また周南市のベットタウンとしての役割も担っている。

観光[編集]

市内には、虹ヶ浜海水浴場、室積海水浴場がある。しかし、レジャーの多様化で海水浴客は減少傾向にある。室積地区にはかつて風待ちの港として江戸時代に繁栄し、その痕跡を今でもたどることができる。また像鼻ヶ岬は、島田川からの土砂が流れてきたことによる陸繋島を形成しており、普賢寺などが残っている。
内陸部では石城山の神籠石が有名で、ルートは様々あるが自分たちでルートを適宜組んでハイキング等を行うのには大変敵した場所である。太古の時代から現在に至るまでの歴史に思いをはせるのも一興である。

教育[編集]

高等学校
  • 山口県立光高等学校(全日制、定時制)

脚注[編集]

  1. [[1]]
市部下関市 / 宇部市 / 山口市 / 萩市 / 防府市 / 下松市 / 岩国市 / 光市 / 長門市 / 柳井市 / 美祢市 / 周南市 / 山陽小野田市
大島郡周防大島町
玖珂郡和木町
熊毛郡上関町 / 田布施町 / 平生町
阿武郡阿武町