ウィキペディア化

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ウィキペディア化とは、ウィキペディアのように、厳格な教条主義のユーザーがウィキコミュニティを支配した結果、ルールの運用が厳格化され、コミュニティ全体に閉塞感が漂うようになることを言う。

この言葉の初出は ユアペディアチャクウィキに関する項目における、"こんなやつが管理者になれるのだからチャクウィキのウィキペディア化が進行している。"という記載だと考えられている。

特徴[編集]

過疎ペディアを含む多くの後発ウィキでは、特にMediaWikiを採用している場合、嫌でもWikipediaを意識せざるを得なくなる。エンペディアユアペディアのように、いくつかのウィキはウィキペディアとは異なる方向性を模索する百科事典(ないしそれに近い)サイトを目指すが、何かと異なっているためには、比較対象が存在しなければならないからである。

また、多かれ少なかれ、ウィキペディアにもアカウントを持っている利用者が(兼業の度合いに差こそあれ)コミュニティの中心を占めるため、ウィキペディアの方針に疑問を抱いて新たなウィキへと旅立ったとしても、しばしば「結局このウィキペディアの方針(か、それに似たようなもの)は外せないよね」という結論に落ち着いて、ウィキペディアに近い方針が導入されることが起こりやすい。これについては、そもそも百科事典としてはスタートしていない、チャクウィキのようなサイトでもある程度は成り立ってしまう。

これが、ウィキペディア化とされる過程なのであるが、その一翼を担うのが、ルールによる厳格な運用を望む一派だと考えられている。

ウィキペディアは、方針文書の数や分量だけでも、多くのウィキの方針文書を上回る規模となっており、あまりにも膨れ上がり過ぎて内部矛盾を発生させているほどである。しかし、新天地として立てられたウィキでも、特に荒らしが侵入した場合、規制ルールを考えざるを得なくなり、ルールによる運用を求める一派と荒らしがともに存在するウィキでは、結果として「ウィキを守るために」ルールが増え、ウィキペディアばりに息苦しい場所になってしまうことが往々にして存在する。

そして、場合によっては、これに反発した古参ユーザーが更なる新天地を求めて、サイト自体が分裂することになったりする。

各ウィキにおける事情[編集]

アンサイクロペディア[編集]

ウィキペディアのパロディであるアンサイクロペディアは、比較的早い段階から、ウィキペディア化が言われているウィキである。これは、パロディとして、多かれ少なかれウィキペディアに近い姿勢を取るべき局面が数多く存在することが一因と考えられている。

だが、今では、過疎化や管理者不足の傾向故に、ウィキペディア化からユアペディア化の段階へと移行しつつある、という声も散見され始めている。

エンペディア[編集]

エンペディアの場合も、ウィキペディア化を指摘する声がちらほらとみられる。但し、徒なウィキペディア化の進展に対する防御策としてエンペディア性という概念が導入されており、ギリギリのところで完全な第二ウィキペディアに成り下がることだけは、今のところ免れている。

チャクウィキ[編集]

チャクウィキの場合は、ウィキペディアとはだいぶ運営方式が異なるため、単純にウィキペディア化しているとは言えない。但し、プレビュー活用依頼の頻発など、編集スタイルに関して比較的厳格だという意味では、多少ウィキペディアに類似しているところはあるかもしれない。

ユアペディア[編集]

ユアペディアは、珍しくウィキペディア化からほぼ自由なウィキだといって良い。但し、その代償として荒れ地になっており、衰退に向かい、管理が行き届かなくなったウィキの末路を指す「ユアペディア化」という言葉を生み出す元となっている。

Miraheze[編集]

Mirahezeはウィキファームであるが、WMFと同じようにスチュワード制と統一アカウント制を導入しており、かつ初期の運営にWMFの現役スチュワードの一人が参加していたこともあって、WMFの影響を色濃く受けている。別のプロジェクトであるという認識は成り立っており、個別のウィキにまではウィキペディア化の波はあまり及んでいない[1]が、時折、WMFでブロックされている利用者が流れついて即権限申請を行った場合には、WMFでの状況が議論の場で持ち出され、不利に働く場合も存在はする。

Fandom[編集]

Mirahezeと対照的なのが、Fandomである。ウィキペディアと同じくジミー・ウェールズが創設したにもかかわらず、ファンコミュニティウィキに特化し、WMFのデフォであるVectorスキンを排除し、更にはMediaWikiのソフトそのものをも魔改造を重ねた結果、ウィキペディアとは離れた性質のコミュニティが、全体としては実現している[2]。但し、Wookieepediaなどの大型ウィキでは、ウィキ単位でウィキペディア的色彩を帯びることはなくはない。

余談[編集]

ウィキペディアの記事は、今では科学記事においてはブリタニカ百科事典並みの正確さを誇るとも言われており、また一次文献を探すという意味においてもしばしば参考になる[3]が、ここでいうウィキペディア化とは、記事ではなくコミュニティを指して、コミュニティが過剰に肥大化した方針でがんじがらめにされ、息苦しくなっていくことを指す。

脚注[編集]

  1. それ以前に、殆どのウィキが放置・衰退してしまうことも多い。
  2. 特に、2019年5月に英語版・ポーランド語版・イタリア語版などのFandom系アンサイクロペディアを全面的に追放・閉鎖したことでこの傾向は加速。
  3. 一方で、政治や宗教、文化に関する記事では、見解の違いから不毛な争いが繰り広げられたり、NPOVとはなばかりの偏った記事になることも多い。

関連項目[編集]

  • ヘカーティア - 語感が似てる。それだけ。
  • ウィキペディア状態 - 似て非なる。ウィキペディア化より深刻化したもの。ウィキペディアのような状態。
  • アンサイクロペディア化 - ユーモアウィキにおける類似の言葉。
  • ユアペディア化 - 過剰な規制が荒らしを生み出した結果、管理側が荒らしをもはや抑えきれなくなり、秩序の崩壊へと向かう過程を指す。ユアペディアが、誹謗中傷などの行われる、ほぼ無法地帯と化したウィキであることにちなむ。
ウィキペディア関連
概要ウィキペディア - ウィキペディア日本語版 - ウィキペディアン - ウィキペディアと学者 - ウィキポリス
文化
記事特筆性 - 独自研究 - 要出典 - NPOV - 秀逸な記事 - ケースZ 重複記事 - 完璧な記事
コミュニティコミュニティを消耗させる利用者 - 対話拒否はやめてください - 裁量ブロック - 依頼者票 - ウィキペディア化
主義包摂主義 - 削除主義
問題C♯のウィキペディアでの表記揺れの現状 - 脚注過剰 - ジオシティーズ危機 - こっちのほうが手っ取り早いから即時削除 (ウィキペディアの問題)
その他ウィキペディアのどうでもいい与太話 - ウィキペディア日本語版の「ルールすべてを無視しなさい」 - 偶然短歌 - よみもの:正直者が馬鹿を見る