ウィキペディアのどうでもいい与太話

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索

ウィキペディアのどうでもいい与太話では、ウィキペディアを利用中または編集中に気づいた、ほんっとに誰にとってもどうでもいい発見や疑問を調べた結果辺りをだらだらと書き綴る感じでみんなで書いて行ったらいいんじゃねえのかなと思っている。

与太[編集]

WP:DEL と WP:DP
どちらも2005年作成の「Wikipedia:削除の方針」に飛ばすためのショートカット。
なぜ使用する人間のアカウント作成時期で使うショトカが分かれるのかとゆーと、Wikipedia:削除の方針 2009年2月15日 (日) 09:43 (UTC) の版付記報告)で各節にWP:DELのショトカが追加、Wikipedia:削除の方針 2012年2月12日 (日) 05:34 (UTC) の版WP:DPに切り替わったからと思われる。
──ショトカ付記・変更したのはどちらも同じ人だけども、付記は事後報告だけども変更理由は何だったのか考えると夜も眠れない(本人に直接聞いてこい。
wp:ja:Wikipedia:削除された悪ふざけとナンセンス
伝統のエイプリルフールで1年間全力で1人でせっせと書き綴った渾身のネタを披露し、一斉に滑りまくる、ウィキペディアンに残された唯一つのお遊び。
…昔に比べて最近の数が減った最大の理由は恐らく、
wp:ja:Wikipedia:削除依頼/2016年のエイプリルフール記事
wp:ja:Wikipedia:削除依頼/2017年のエイプリルフール記事
など、「削除依頼審議の場で『ネタが面白いかどうか全力で真面目に』審議される」ようになったから(面白くなかったら削除[1])。
wp:ja:Wikipedia:珍項目
世界最大級の質と量を兼ね備えたインターネット百科事典、それがウィキペディア。──でもそんなウィキペディアにあっても、「全力で真面目に冗談抜きに情報源を集めて書いた、はずなんだけど妙に可笑しい」という記事は存在する。それが珍項目。
前述の「悪ふざけとナンセンス」は「最初から全面的に冗談を押し出している」のと比較して、こちらは「全力で真面目に解説している(のに笑える)」のが違い。
記載にあたっては「審議を通して真面目なウィキペディアンが笑えるかどうかをきちんと検証した上で記載に耐えるかどうかを投票し決定されている」というのも味噌。
…なんで冗談項目ひとつ取ってもそんなに全力なんだ、ウィキペディアン
セプアノ語版ウィキペディア
500万以上の項目数を誇る、全言語版中2番目の規模を誇るウィキペディア。単純に考えると、日本語版ウィキペディアの5倍の量。すごい。でも、大半の記事をボット(Lsjbot)がつくっているのは絶対に内緒だ。
wp:ja:Wikipedia:同じ記事への連続投稿を減らす
同じ記事に限らず連続的な編集行為全般を戒める文書なのだけども、「実は日本語版のみに存在するルール」で、他所の言語版では全く問題にされていなかったりする(Wikipedia名前空間文書で他言語版へのリンクがないのは割りと珍しい)。そもそも文書の立ち位置が方針でもガイドラインでもなく「手引き書」になっていたり。
なんでこんなことになってんのかとゆーと、「 「サーバーの負荷になる」という一切定量的な根拠のない理由で、非常に不思議なガイドラインの運用が行われて、そして定着してしまった」という不思議な理由であることが判明している。
なお、自宅にMediaWiki環境を構築して検証してみた方の言によれば「連続編集でサーバーに与える負荷は0.02%程度」であることが判明しており、現在の主な理由はサーバー負荷ではなく「短時間に履歴が増えると版の見通しが悪くなる(編集内容の差異発見に手間取る)」という感じにシフトしている。それは確かにそうだ。

脚注[編集]

  1. 万能壁画のようにEnpediaにエスケープ転載されたものも存在する。