荒らし

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

荒らし(あらし、英:troll)とは、大雑把にいうと、秩序を乱す者の事。「漁場荒らし[1]」等もあるが、ここではインターネット上のものを取り上げる。

概要[編集]

荒らしの手口としては、平和だったコミュニティに入り込み、内部を分裂させた後に対立を煽り、疲弊させる事である(Wikipediaにおいて顕著に見られる。このタイプの荒らしは割とわかりづらい)。

荒らし行為を受ける側としては、荒らされる理由が分からないまま、それまでうまく機能していたコミュニティを潰されたりする。

主な特徴[編集]

多くの荒らしは特定の何かしらに執着していて、それに対しての破壊的な編集を繰り返すことがある。

WikipediaやMediawikiにおいて[編集]

  • 内容が少なすぎる記事いわゆる「サブスタブ」を作りまくってると荒らしになることがある。Mediawikiでは、これを繰り返しまくっていると、LTA認定されることがある。
  • 発見を遅らせるために細部の編集を多用する場合もある。細部の編集を重ねて、半保護を突破し荒らし行為に至る者もいる。

対処方法[編集]

感情的になる事なく、まずは共通の土台を築き、荒らす相手を落ち着かせて対話を試み言い分を聞くのが良い模様。

荒らす「目的」や「動機」が明らかになれば、自ずと対処方法が分かってくる。それを探るために一定期間は泳がせる事も必要になるかもしれない。

割れ窓理論」と関連付けている人もいる。つまり荒らされた形跡を放置していると、さらなる荒らしを呼び込む事になるのかもしれない。

5ちゃんねるのような巨大な匿名掲示板上と、MediaWikiの小規模な議論上とでは、恐らく効果的な対処方法は変わってくると思われる。

間違った対処方法[編集]

  • 荒らしを無視したり批判したり追放したり「荒らさないで下さい」と説得を試みるのは効果が無いとする意見がある[2]
  • 匿名をやめて実名にしても荒らしは無くならないという結果もある[3]

脚注[編集]

  1. 韓国が日本の漁場を荒らしまくる悲惨な現実”. 東洋経済オンライン (2016年12月7日). 2019年11月4日確認。
  2. インターネット上の「荒らし」にはどのように対処するべきか?”. Gigazine (2018年6月26日). 2019年11月4日確認。
  3. 実名制がコメント荒らしを解決できない、驚くほど確かな証拠”. TechCrunch Japan (2012年7月30日). 2019年11月4日確認。

関連項目[編集]

種類CWA - LTA - 海外厨 - 自警荒らし - 善玉と悪玉 - ソックパペット - コミュニティを消耗させる利用者
歴史ウィキトリアル - 槐事件
参考Enpedia:荒らし
  
他事典リンク¦ウィキペディア ¦ピクシブ百科事典 ¦ニコニコ大百科 ¦アンサイクロペディア ¦ウソペディア ¦コトバンク ¦チャクウィキ