削除主義

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search

削除主義(さくじょしゅぎ、英:Deletionism)はウィキペディアアンサイクロペディアなどのウィキにおける、ウィキソロフィーの一つである[1]。ウィキソロフィーとは、恐らく、ウィキ(ペディア)に関する思想のことである。

概要[編集]

削除主義とは、削除依頼 削除を毎日のように投下する人々や、こっちのほうが手っ取り早いから即時削除する人たちのことである。

削除主義が強まると、自警になってしまう。そしてさらにこじらせると、超高速即時削除マシーンへと変化する。ただし、ここまで変化した人はほとんどいない。

削除主義の流派[編集]

  • 主流派:百科事典の質を上げるため、特筆性を満たさない記事、著作権侵害や名誉毀損のある記事を削除させる。
  • 刑罰:ソックパペット使用者、宣伝目的に記事を書く者、百科事典記事のスタイルを理解していない者に対する刑罰として、彼らが作成した記事を削除させる。
  • 荒らし:有用な記事を減らしてウィキペディアに打撃を与える。
  • 過疎ペディアの回し者:自分のサイトに記事をエスケープ転載し、転載元の記事は削除させる。
  • 削除ゲー:削除依頼を多数作成し、その内どれだけ削除が実行されるか競うゲーム。
  • アンチ:嫌いな人物や組織の記事を削除させる。

具体例[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]