裁量ブロック

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

裁量ブロック(さいりょうブロック)は、主にウィキペディア日本語版において管理者に許されている、ある程度の自由(裁量)な投稿ブロック権限を指すウィキペディア用語である。

概要[編集]

どっかに規定があったはずなんだけどきっぱり忘れた[ソース求む!]

おおざっぱに記憶のみで説明すると「管理者が管理者自身の責任に於いてそれが必要不可欠であると判断した場合、管理者は(依頼を通さずに)当該利用者を即時的に投稿ブロックすることが出来る権限」だった気がする。

2013年頃までは「裁量で一発無期限」みたいな投稿ブロック期間設定もたまに見かけたんだけども、最近ではこれが問題で解任動議になったりとかそれが原因で問題に発展する事例が増えて発動する方が減った印象。

明確な方針規定に基づいて実施される多重アカウントやプロキシ接続相手の無期限ブロックとは趣が異なることに留意。あくまで「管理者にのみ許された特別な権限行使」である*1


  • 1 逆に考えると、コレがあるからウィキペディア日本語版の管理者立候補では徹底的な人格攻撃が行われる(偉大な聖人君子を求める)原因なのかも。
ウィキペディア関連
概要ウィキペディア - ウィキペディア日本語版 - ウィキペディアン - ウィキペディアと学者 - ウィキポリス
文化
記事特筆性 - 独自研究 - 要出典 - NPOV - 秀逸な記事 - ケースZ 重複記事 - 完璧な記事
コミュニティコミュニティを消耗させる利用者 - 対話拒否はやめてください - 裁量ブロック - 依頼者票 - ウィキペディア化
主義包摂主義 - 削除主義
問題C♯のウィキペディアでの表記揺れの現状 - 脚注過剰 - ジオシティーズ危機 - こっちのほうが手っ取り早いから即時削除 (ウィキペディアの問題)
その他ウィキペディアのどうでもいい与太話 - ウィキペディア日本語版の「ルールすべてを無視しなさい」 - 偶然短歌 - よみもの:正直者が馬鹿を見る