特筆性

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ニコニコ大百科ではプレミアム会員がお金をかけてまで特筆性の記事を執筆しています。

特筆性(とくひつせい)は、ウィキペディア日本語版で作られた造語のことである。ウィキペディアを知らない人にこの言葉を使っても白い目を剥かれる。[要出典]

概要[編集]

ウィキペディア英語版のガイドライン文書en:Wikipedia:Notabilityを日本語版に翻訳移入したWikipedia:独立記事作成の目安(2006年移入)で「Notability」を「特筆性」と訳したのが発端で、本来的なNotabilityの意味は「知名度」を指していること[1]から誤訳であるとの指摘が幾度かされているが、既に完全に日本語版において定着してしまっていることからそのまま現在も使用継続されている。

蛇足ながら「特筆性」の語が示そうとしている意味合いは「高い信頼性を持つ第三者の客観的言及(出典情報源)が存在する『特筆するに足ると考えられる事柄』のみウィキペディアに記事作成が許される」という意味で、ぶっちゃけ元の「知名度(が、どれくらいあるか)」よりも単語そのものが指す意味合いが広義となっており、知名度とその他の「特記すべき重大な事柄」は分けて説明した方がより分かりやすかったんじゃねーの? という疑問が持たれている[知らんけど]

なお、この完全な造語である特筆性の単語はこの方針文書への単独リダイレクトとなっているほか、「特筆性」でウィキペディア日本語版の文書検索を行うとHITが5000件を超えることから

今から訳し直しても、もう手遅れ

であると思われる。

特筆性の悪用[編集]

なお、2019年4月池袋乗用車暴走死傷事故を引き起こした飯塚幸三の記事であるが、事故のことをウィキペディアで書くと即時削除の対象とされている。特筆性が無いなどと削除理由が述べられているが、事故の事実は最早明らかであり、特筆性が記事の忖度に利用されている可能性もある。事実を事実のまま書けないのは、ウィキペディアの病理であろう。

男性の価値観の反映[編集]

北村紗衣は女性ウィキペディアンが少ないため、特筆性の議論にバイアスが掛かっていると指摘している。そのため、英語版ウィキペディアにケイト・ミドルトンのウェディングドレスの記事が必要かどうかについて大もめした事例を紹介している[2]

[編集]

  1. Notabilityを「知名度」と訳すのは誤訳ではないかとの意見がある。REMARKABLEと同じ意味なので、注目すべき事物または人物といった意味と思われる。「知名度」は曖昧な概念であるが、人々に知られているというよりは主題の価値により重きを置いているとみられる。
  2. ウィキペディアが、実は「男の世界」だって知っていましたか
ウィキペディア関連
概要ウィキペディア - ウィキペディア日本語版 - ウィキペディアン - ウィキペディアと学者 - ウィキポリス
文化
記事特筆性 - 独自研究 - 要出典 - NPOV - 秀逸な記事 - ケースZ 重複記事 - 完璧な記事
コミュニティコミュニティを消耗させる利用者 - 対話拒否はやめてください - 裁量ブロック - 依頼者票 - ウィキペディア化
主義包摂主義 - 削除主義
問題C♯のウィキペディアでの表記揺れの現状 - 脚注過剰 - ジオシティーズ危機 - こっちのほうが手っ取り早いから即時削除 (ウィキペディアの問題)
その他ウィキペディアのどうでもいい与太話 - ウィキペディア日本語版の「ルールすべてを無視しなさい」 - 偶然短歌 - よみもの:正直者が馬鹿を見る