包摂主義

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

包摂主義 (別名:存続厨ほうせつしゅぎ、英:inclusionism)はウィキペディアアンサイクロペディアなどのウィキにおけるウィキソロフィーの一つである[1]。ウィキソロフィーとは、恐らく、ウィキ(ペディア)に関する思想のことである。削除主義の対義語。

概要[編集]

包摂主義とは、簡単に言えば、特筆性がないような記事は削除ではなく加筆して存続させよう、という考えを指す。jawp2chwikiにその一覧が載っている。その筆頭にBellcricket氏が載っている。

言うまでもなく、包摂主義者は削除主義者ほど嫌われることは少ない。削除されかかっている記事を加筆したり、文献を基に特筆性を証明したりして存続に持っていく行為(記事の"救出"とも称する)はしばしば評価される。一方、「ゴミ」の散乱を手助けしている[2]、プライバシー侵害や名誉毀損のある記述の削除を妨害する、「晒し行為」を助長しているなどの批判もある。

具体例[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

ウィキペディア関連
概要ウィキペディア - ウィキペディア日本語版 - ウィキペディアン - ウィキペディアと学者 - ウィキポリス
文化
記事特筆性 - 独自研究 - 要出典 - NPOV - 秀逸な記事 - ケースZ 重複記事 - 完璧な記事
コミュニティコミュニティを消耗させる利用者 - 対話拒否はやめてください - 裁量ブロック - 依頼者票 - ウィキペディア化
主義包摂主義 - 削除主義
問題C♯のウィキペディアでの表記揺れの現状 - 脚注過剰 - ジオシティーズ危機 - こっちのほうが手っ取り早いから即時削除 (ウィキペディアの問題)
その他ウィキペディアのどうでもいい与太話 - ウィキペディア日本語版の「ルールすべてを無視しなさい」 - 偶然短歌 - よみもの:正直者が馬鹿を見る