包摂主義

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search

包摂主義 (別名:存続厨ほうせつしゅぎ、英:inclusionism)はウィキペディアアンサイクロペディアなどのウィキにおけるウィキソロフィーの一つである[1]。ウィキソロフィーとは、恐らく、ウィキ(ペディア)に関する思想のことである。削除主義の対義語。

概要[編集]

包摂主義とは、簡単に言えば、特筆性がないような記事は削除ではなく加筆して存続させよう、という考えを指す。jawp2chwikiにその一覧が載っている。その筆頭にBellcricket氏が載っている。

言うまでもなく、包摂主義者は削除主義者ほど嫌われることは少ない。削除されかかっている記事を加筆したり、文献を基に特筆性を証明したりして存続に持っていく行為(記事の"救出"とも称する)はしばしば評価される。一方、「ゴミ」の散乱を手助けしている[2]、プライバシー侵害や名誉毀損のある記述の削除を妨害する、「晒し行為」を助長しているなどの批判もある。

具体例[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]