依頼者票

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

依頼者票 (いらいしゃひょう)はウィキペディアの削除依頼における慣習。英語版ウィキペディア削除依頼では見られず、もしかしたら日本語版だけのものかもしれない。

概要[編集]

ウィキペディアにおいてWikipedia:削除依頼/で前方一致検索をすると、94,417件なのに対し、依頼者票 prefix:Wikipedia:削除依頼/で前方一致検索すると、64,566件出るため、全削除依頼の3分の2において削除を依頼したウィキペディアンは「依頼者票」を投じている。

ただし、依頼の手順にはSTEP.2.3において、依頼者票の付記を推奨するような文言がある。

また、依頼者票とわざわざ書かず、代わりに自身の考えを補強する一文を述べる利用者もいる。

少数であるが、管理者がコミュニティに意見を問う削除依頼だと、依頼者があえて依頼者票を投じなかったり、依頼者票が存続票であったりする場合もある。

批判[編集]

  • そもそも削除を依頼する人が削除の意見を持つのは当たり前であり、それを票としてカウントすべきでない。
  • 依頼者票を入れたときと入れなかったときの違いが不明瞭。

関連項目[編集]

ウィキペディア関連
概要ウィキペディア - ウィキペディア日本語版 - ウィキペディアン - ウィキペディアと学者 - ウィキポリス
文化
記事特筆性 - 独自研究 - 要出典 - NPOV - 秀逸な記事 - ケースZ 重複記事 - 完璧な記事
コミュニティコミュニティを消耗させる利用者 - 対話拒否はやめてください - 裁量ブロック - 依頼者票 - ウィキペディア化
主義包摂主義 - 削除主義
問題C♯のウィキペディアでの表記揺れの現状 - 脚注過剰 - ジオシティーズ危機 - こっちのほうが手っ取り早いから即時削除 (ウィキペディアの問題)
その他ウィキペディアのどうでもいい与太話 - ウィキペディア日本語版の「ルールすべてを無視しなさい」 - 偶然短歌 - よみもの:正直者が馬鹿を見る