新交通ゆりかもめ

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゆりかもめ
Yurikamome line symbol.svg
基本情報
日本国旗.png日本
所在地東京都
種類案内軌条式鉄道AGT
起点新橋駅
終点豊洲駅
駅数16駅
路線記号U
開業1995年11月1日
所有者ゆりかもめ
運営者ゆりかもめ
車両基地有明車両基地
使用車両ゆりかもめ (企業)#車両を参照
路線諸元
路線距離14.7 km
線路数複線
電化方式三相交流600 V・50 Hz
閉塞方式車内信号式
保安装置ATCATO
最高速度60 km/h

東京臨海新交通臨海線(とうきょうりんかいこうつうりんかいせん)は新橋駅から豊洲駅までを結ぶ、ゴムタイヤ車両の新交通システム・AGT方式の路線である。

通称は「ゆりかもめ」である。また、神戸にも似たような通称でゆめかもめが存在する。

概要[編集]

臨海副都心の開発整備及び竹芝ふ頭等の再開発に伴い、新たに発生する大量の交通需要に対応するために公共輸送として導入された。 専用の走行路を持ち、案内軌条に案内輪をあてゴムタイヤで走行する案内軌条式の新交通システムである。車両は日本車輌製造、三菱重工業・新潟トランシス(旧新潟鐵工所)などが製造していたが、2016年に三菱重工業は48車両の製造を受注したため、既存車両はすべて三菱重工製に置き換わる予定である[1]

1995年11月1日、新橋駅から有明駅間の11.9 km が開業した。開業当初の新橋駅は現在の位置より100 m有明駅寄りの位置の仮駅であった。2001年3月、JR東日本の新橋駅(現在の位置)まで延伸された。2006年3月、有明駅から 豊洲駅間の2.7 km が延伸開業した。

2019年3月16日に船の科学館駅は東京国際クルーズターミナル駅に変更され、国際展示場正門駅は東京ビッグサイト駅に駅名を名称変更された。

駅一覧[編集]

全駅が東京都内に所在する。駅番号の記号部分には、ゆりかもめのローマ字表記「Yurikamome」の頭文字である「Y」が豊洲駅で接続する東京メトロ有楽町線で使用されているため、2文字目の「U」が使われ、「U-○○(数字)」となっている。

駅番号 駅名 駅間キロ 営業キロ 接続路線 所在地
U-01 新橋駅 - 0.0 JY 山手線 (JY 29)・JK 京浜東北線 (JK 24)
JT 東海道線 (JT 02)・JO 横須賀線 (JO 18)
G 東京メトロ銀座線 (G-08)・A 都営浅草線 (A-10)
港区
U-02 汐留駅 0.4 0.4 E 都営大江戸線 (E-19)
U-03 竹芝駅 1.2 1.6  
U-04 日の出駅 0.6 2.2  
U-05 芝浦ふ頭駅 0.9 3.1  
この間でレインボーブリッジを渡る
U-06 お台場海浜公園駅 3.9 7.0  
U-07 台場駅 0.8 7.8  
U-08 東京国際クルーズターミナル駅 0.6 8.4   江東区
U-09 テレコムセンター駅 0.8 9.2  
U-10 青海駅 1.0 10.2  
U-11 東京ビッグサイト駅 1.1 11.3  
U-12 有明駅 0.7 12.0 R りんかい線国際展示場駅:R 03)
U-13 有明テニスの森駅 0.7 12.7  
U-14 市場前駅 0.8 13.5  
U-15 新豊洲駅 0.5 14.0  
U-16 豊洲駅 0.7 14.7 Y 東京メトロ有楽町線 (Y-22)

観光スポット[編集]

外部リンク[編集]

注・リファレンス[編集]