ウイングシャトル

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディアウイングシャトルの項目があります。

ウイングシャトル(Wing shuttle)は、関西国際空港内を走っている新交通システム。旅客ターミナルビルと南北ウイング間を結んでいる。

概要[編集]

エレベーターなどと同様、昇降機扱いで、鉄道事業法には基づいている鉄道ではない。運賃は無料であるが、国際線に搭乗、海外から関空に到着した乗客、乗員、空港関係職員しか乗車できない。車両は新潟トランスス製である。 航空機の到着、出発時刻にあわせ、最短2分間隔、最長でも4分間隔という短間隔で運用されている。深夜帯は運休になることもあるが、駅の呼び出しボタンで、車両を呼び出して乗車することができる。

路線[編集]

北ウイングを走る路線と、南ウイングを走る2路線があり、本館駅、中間駅、先端駅の3駅がある。駅間隔はそれぞれ545mとなっている。路線の構造上、先端駅行きは非常時を除き中間駅は通過し、中間駅行きは先端駅に行くことはできない。

車両[編集]

3両1編成で、全部で5編成あり、そのうち1編成は予備編成である。車内は1両に4席椅子があるが基本は立ち席である。保安を目的とした入出国手続きのため、3編成中の1両は出発用、2、3両目が到着用となっている。