世界三大宗教

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

世界三大宗教(さんだいしゅうきょう)は、キリスト教イスラム教仏教の3つの宗教のこと。

概要[編集]

数に関して言えばヒンドゥー教徒の方が仏教徒よりも多いが、ヒンドゥー教はインドを中心に信じられている民俗宗教に分類されることもあって世界三大宗教には入らない。国や民族を超えて広まる世界宗教によって、文化や社会に影響する世界宗教があることが条件である。現在の世界宗教には、キリスト教、イスラム教、仏教の3つが主に数えられていて世界三大宗教と呼ばれる。尤も、民俗宗教と世界宗教の定義はしっかりしておらず、民俗宗教に分類されているものも世界宗教とすることもある。

関連項目[編集]