衆議院

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search

衆議院(しゅうぎいん)は、日本国会議院のひとつ。議員の任期は4年で、解散がある。議員数は465名。

戦前の衆議院[編集]

衆議院は、1890年帝国議会の開設と共に設置された。天皇が議員を決める貴族院と異なり、一般市民[1]による選挙で議員が選ばれた。

戦後の衆議院[編集]

衆議院は、1947年日本国憲法施行により、参議院と並ぶ日本の議院となった。

解散[編集]

衆議院には解散がある。解散されると、任期の途中でも議員は全てクビとなり、選挙で議員を選び直す。ちなみに、戦後、衆議院が解散することなく議員の任期が満了したケースは、1976年のみである。

優越[編集]

衆議院は、参議院より議員の任期が短く、解散があるので、より民意を反映していると考えられる。そのため、日本国憲法では、幾つかの事項において、参議院より衆議院が優越することが定められている。それは、

  • 参議院で否決された、または衆議院通過から30日以上経っても可決されなかった法案の再採決権 - 2/3以上の賛成で可決、成立
  • 予算案を参議院より先に審議する権利(先議権)。
  • 内閣不信任決議案の採決
  • 内閣総理大臣の指名、予算案の議決、条約の承認において、両院が異なる議決をし、両院協議会を行っても意見が一致しない場合。

脚注[編集]

  1. ただし、開設当時は有権者となる条件が厳しく、有権者は全国民の1%しかいなかった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]