グレートブリテン島

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

グレートブリテン島(グレートブリテンとう)とは、イギリスの大部分を占める

地理[編集]

全域がイギリス領である。ユーラシア大陸の西部にあるフランス沖にあり、面積は209,300km2日本本州よりやや小さく、世界第9位の面積を持つ島嶼である。最高峰は島の北部にある標高1343mのベン・ネビス山イギリス海峡が島とフランス本土を隔てている。北西を北大西洋海流が流れるため、島の大半はその緯度の割に温暖な西岸海洋性気候に属する。

歴史[編集]

紀元前1世紀に2度にわたりカエサルが征服を試みたが、失敗した。43年にはローマ帝国属州となり、1707年にはグレートブリテン王国となり、現在に至る。

区分[編集]

西部の半島部がウェールズ、南部がイングランド、北部がスコットランドである。