ラテン語

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラテン語
基礎情報
話される場所公用語として:バチカン市国
語族インド・ヨーロッパ語族
話者数0
話者数の順位-
言語コード
ISO 639-1コードla
ISO 639-3コードlat

ラテン語(ラテンご、:Latin、羅:Lingua Latina)とは、古代ローマ帝国の公用語であると同時に、近世まで欧州知識階級の国際語として使用された言語である。

概要[編集]

元々はローマ帝国の公用語で、アウグストゥス帝時代までに基本的な整備が進み、ウェルギリウスホラティウスらの作品を記述する言語となった。

ローマ帝国の滅亡後も、ヴルガダ訳聖書でラテン語が使用されたことから、ラテン語は聖職者を中心とする欧州知識階級の国際語として使用されるようになった。

しかしながら、ルネサンス以降、各地の口語による口語文学が発展しはじめると徐々にその使用は衰退し、現在では使用されることはごくわずかで、教育の場でも学ぶ機会は減少傾向となっている。

ラテン語は南欧・西欧諸国の近代語のルーツとなっており、イタリア語フランス語スペイン語などにその影響を強く残している他、一部の語彙は英語などにも輸入されている。

関連項目[編集]