ウィークペディア

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ウィークペディアは役に立たない百科事典です。メインページ

ウィークペディア
開設2009年3月20日
ウィキシステムMediaWiki
分野百科事典
言語日本語
使用時刻日本標準時(JST)
現状閉鎖
創設者Hanakayu
運営者Fievarsty

ウィークペディア(英:Weekpedia)は、マイサイト ユーザーズ 2.0 (myht) 上に設置されていたMediaWikiサイト。現在はアクセス不能になっている。

概要[編集]

ヘビーユーザーが歴史に詳しい1人(T氏[1])だけという状況だったため、歴史分野の記事(特に三国志)が多かった。姉妹サイト「Wikicollect」とまとめて「ウィークメディアプロジェクト」と呼ばれていた。

なぜ「Weekpedia」というサイト名であるのか明らかにされたことはないが、おそらくWikipediaをもじっただけで深い意味はないだろう。決してweak(弱い)ではない。あまりに名前がWikipediaそっくりなので、検索エンジンではバナー「Weekpedia」と入力すると、よく大手インターネット百科事典サイトWikipediaの誤りとされて勝手に修正されがちであった[2]

画像募集イラストの気の抜けたイラストなど、ユーモア色の強い百科事典であった。後継サイトは『日本通信百科事典[3]。当サイトの利用者は「ウィークペディアン」と呼ばれていた。

歴史[編集]

設立
2009年3月20日、アンサイクロペディア利用者のHanakayuという人物が個人のテスト目的として作成した。メインページの過去ログを遡るとその当時の様子が見られたのだが、そこには「適当に作ったウィキペディアもどきです」などと書かれており、当初は何ら意味をなさない個人の趣味で作られたウィキに過ぎなかったようである。記事も、アンサイクロペディアからのコピペなど個人のメモや、荒らしが残した悪ふざけの残骸がほとんどを占めていた。
発展
かくのごとく始まったこのウィキであるが、2010年7月には三国志関連の記事を熱心に著述する利用者が現れ、これまで情報源になりえなかったこのウィキは(はっきりと方針として確立されたわけではないが)徐々に利用者が思いおもいに共同で執筆編集する百科事典を目指すプロジェクトへと変化し発展していった。
しかし2011年秋ごろより2011型スパムが猛威を振るうも、肝心の創設者自身が多忙等を理由にウィキ離れをしてしまい音沙汰ないために抜本的な対策をとれずサイトは存廃の危機におかされた[4]。幸いに運営者は2013年2月25日に姿を見せ、MediaWikiの管理に詳しいFievarstyという人物へサイトのファイルアクセス権限を与え、これにより十分なスパム対策が取られ廃止の危機を免れた。これ以降、ウィキの運営はFievarsty氏中心に続けられていくこととなった。
改革
2014年8月1日の新ロゴ制定に代表されるように、このころのWeekpediaでは権限を譲り受けたFivarsty氏主導のもと改革が進行し、「新生ウィークペディア計画」と呼ばれていた。「ウィークメディア財団」が生まれたのもこのころである。
これまで十分に整っていなかった運営の方針やサイト目的、ライセンスなどについて、利用者間で草案が一気に整えられた。また、ロゴやメインページのデザインの刷新なども議論が進んだ。これらの草案が完成してから正式化されるまでの間には、創設者Hanakayu氏が姿を見せるのを待ったため多少時間があったものの、最終的には氏の承認をうけて方針として確定され、Weekpediaは真新しくなった。
さらに、2015年ごろには、myhtで最も古いウィキとなった。
衰退
改革などもあり、過疎ペディアとしては最低限の賑わいを見せていたこのウィキであるが、ほぼ同時期に開設された[5]Enpediaと方針がダブっているうえに、運がなかったのかあまり発展せず利用者がEnpediaへ流出しがちであった。
また、もともとはEnpediaもWeekpediaもmyhtのサーバーを利用していて、慢性的に重いことが名物であったが、Enpediaは2013年4月6日このころよりスタッフ個人のVPSを間借りしてアクセスが快適となっていた一方で、myht上での運営を継続したWeekpediaでは、いわゆる「2011型スパム」が依然myhtの放置ウィキを襲っていたため、たびたびサーバーの重さが編集に支障をきたすほど深刻になっていた。さらに、myhtのサーバーにはかねてよりセキュリティ問題が指摘されていた。
加えて、2015年6月にはデータストレージがmyhtであらかじめ指定されている容量である100MBを突破してしまい、そのため記事の新規作成や画像のアップロード、拡張機能の導入などが制限さえされる事態に陥った。
閉鎖
あまりにサーバーの諸問題が深刻なのを見かねて、当時ウソペディアユアペディアの管理者として知られていたTakumi3がサーバーの乗換えを議論の場で提案した。その後、この提案に従いLv9無料ホスティング 上に「日本通信編集式百科事典」を「I氏」とともに創設した。これにより、衰退が進んでいたWeekpediaも一時はEnpediaのように発展へ向かうのではないかと期待されたものの、残念ながら問題が続出し計画は事実上頓挫した。
また、運営者が多忙なことなどを理由に姉妹プロジェクトのウィキコレクトとともに、2016年1月ごろアクセス不能となった。
復活構想
2016年8月には、創設者のHanakayu氏がEnpediaのAzeha(元Fivarsty)氏の会話ページにて、「有料サーバーを借りて本格的に運営させたいので、保有しているデータサンプルを譲り受けたい」旨を明かし、定住していた利用者たちも期待の反応を示している。しかし、当時は逆に肝心のAzeha氏側がすでにウィキ離れをしていて、有耶無耶のままこの構想は立ち消えになったようである。
その後(閉鎖後の記事・利用者の行方)
ウィークペディアの閉鎖とともに多くの記事が消滅したが、一部の記事はエンペディア上に著作権上の手順を踏んだうえで転載され[6]されて現在も生きている。主なものとして、昨日今日明日現在ゴールデンウィークシルバーウィークなどである。なお、これは「削除されそうな記事を移入する」という面では、現在のEnpediaで日常的に行われているWikipediaからのエスケープ転載と概ね同様であるが、当時のEnpediaではこのように削除されそうな記述を持ち込む行為はまだあまり前例が少なく珍しいことであった。
また、EnpediaではWeekpediaの閉鎖が明らかになる前に数件のページが単純な履歴継承の手順によって移入されていたため、それらのページは閉鎖後履歴をたどることが不可能になり必要な対処が実施された。
他にもウィークペディアの記事を受け入れたウィキはいくつか存在し、例えばTakumi3によるみんなのペディア(閉鎖)などがある。また、一部ユーザーによってウィキデュッカへ記事を輸出し後継サイトとすることも検討されたが、当サイトは個人サイト色の強い未熟なウィキサイトで、デモクラティックの強いウィークペディアの後継サイトとしては不適であった。そもそもWikiducca側の運営者はウィークペディア式の民主的なコミュニティウィキを作ろうとは積極的な姿勢を見せていなく、いわば迫る閉鎖に焦るウィークペディアンらにより一方的に進んだ話に過ぎなかった。
利用者の多くは、ほとんどがEnpediaへ移住し活躍しているが、前述した歴史関係に明るいヘビーユーザーはFievarstyの協力を受け、Wikiaに後継サイトとして『日本通信百科事典』を開設し、ウィークペディアに執筆した記事を持ち込み、ここで記事の執筆活動を継続している。

特徴[編集]

方針と方向性[編集]

エンペディアと似た方針で運用されていたが、こちらは同時期のエンペディアと比較してもネタ記事がより受け入れられやすい雰囲気があり、ネタ記事も多かった[うろ覚え]

技術面[編集]

記事毎にカスケーディングスタイルシートを設定できたため自己言及的な記事を作りやすかった(例としては「??」の記事など)[うろ覚え]。そのため、MediaWikiのテンプレート職人が何名か利用しており、過疎ペディアのわりにテンプレートが充実していた。

著作権[編集]

初期のころは、1stEnpedia同様著作権関係に関しては非常に曖昧であった。しかし、一連の改革に伴い、2014年10月3日以降の投稿にはデフォルトライセンスとしてクリエイティブ・コモンズ 表示-継承3.0が与えられた。また、デフォルトライセンスによらず、投稿者がページ冒頭にテンプレートを貼ることでそれぞれのページが独自にライセンスを設定することもできた。

Unpedia[編集]

Weekpedia内では、名前空間を設定して『Unpedia』(アンペディア)というジョーク記事を公開するプロジェクトが行われていた。当初は真面目な記事と特に区別されることなく混沌としていたが、2014年12月、改革に伴い「アンサイクロ系記事(UCP系記事)」として半独立し、2015年4月に正式に「アンペディア」と変更された[7]。そのうちの多くはアンサイクロペディアで削除依頼などにかけられているジョーク記事のエスケープ転載[うろ覚え]ううううううううう!のようにアンサイクロペディアの有名記事のパロディが占めていた。

ロゴ[編集]

改革前は、ペイントで3分で作ったような文字ベースの適当な画像[Jokeこの一文には冗談が含まれています。真に受けるかどうかはあなた次第です。]であったが、改革により百科事典プロジェクトにふさわしいロゴが作られた。また、エイプリルフールなど、イベントに合わせて頻繁に臨時ロゴが行われていた。

データ[編集]

測定日[出典] 記事数 登録利用者数
2016年1月23日[8] 1050 932
2015年2月27日[9] 850
2015年1月31日[10] 767 911
2013年7月3日[11] 323 894
2013年3月27日[12] 262 891
2012年12月5日[13] 250
2010年4月4日[14] 36 19

脚注[編集]

  1. ツィース(Tiß)さん?
  2. 同じように、当ウィキEnpediaでも初期時代は大手旅行サイトExpediaの誤りと修正されることがあった。
  3. ウィークペディア”. 日本通信百科事典. 2019年6月23日確認。
  4. ウィキ規模に対して登録利用者数が多いのもこのスパムの影響である。
  5. 実際にはWeekpedia のほうが一か月ほど早く創設されている。Weekpediaが開設されたのが2009年3月20日、1stEnpediaが開設されたのは同年4月21日である。
  6. 参考議論:フォーラム:Weekpediaからの移入
  7. なお、「アンペディア」の名の初出は2015年2月のことである。
  8. Weekpedia - WikiApiary(アーカイブ)
  9. Weekpedia - WikiIndex
  10. ウィークペディア - Wikicollect(アーカイブ)
  11. 特別:統計 - Weekpedia(アーカイブ)
  12. ウィークペディア - Wikicollect(アーカイブ)
  13. Weekpedia - WikiIndex(アーカイブ)
  14. 特別:統計 - Weekpedia(アーカイブ)

関連項目[編集]

姉妹サイト(ウィークメディアプロジェクト)
ウィキコレクト
納豆ペディア
後継・類似サイト
日本通信編集式百科事典
日本通信百科事典
みんなのペディア
エンペディア

外部リンク[編集]