さくらももこ

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

さくら ももこ昭和40年(1965年5月8日 - 平成30年(2018年8月15日)は、日本漫画家作詞家脚本家。代表作である「ちびまる子ちゃん」の漫画家として知られる。本名は非公表。

経歴[編集]

静岡県静岡市出身。昭和59年(1984年)に漫画家としてデビューする。その2年後に静岡県から上京し、小学校3年生の主人公・まる子と家族などを描いたちびまる子ちゃんを少女漫画誌・「りぼん」で連載開始する。ちびまる子ちゃんは平成2年(1990年)からテレビアニメ化し、子供を中心に国民的な人気を得た。さらにさくら自身が作詞を手がけたアニメのテーマ曲である「おどるポンポコリン」のCDは160万枚を超える大ヒットとなった。集英社によると、単行本などの関連書籍の発行部数は累計3200万部に上ったという。ちびまる子ちゃんは平成元年(1989年)に講談社漫画賞を受賞した。

エッセイストとしても著名であり、「もものかんづめ」、「さるのこしかけ」などはベストセラーになる。さくらのほかの漫画作品に「コジコジ」などがある。

平成30年(2018年)8月15日午後8時29分、乳癌のため死去した。53歳没。テレビアニメ・ちびまる子ちゃんはさくらの死後も放送を継続するという。また奇しくも、2年前に死去したまる子のお姉ちゃんの声優水谷優子と同じ死因であった。その死は8月27日に発表された。

さくらの死が発表された後の9月2日に放送されたちびまる子ちゃんでは、平均視聴率が関東地区では14.3パーセント、関西地区では11.9パーセントと先週の8月26日より上昇したという(8月26日の関東の視聴率は5.6パーセント)。また、番組では死去を受けて漫画の連載25周年を記念して平成23年(2011年10月に放送された「まる子、きょうだいげんかをする」など2つのエピソードに変更し、番組の終わりには「心よりお悔やみ申し上げます」のメッセージが流れた。

主な作品[編集]

漫画[編集]

エッセイ[編集]

  • 1991年3月 『もものかんづめ』集英社 のち文庫
  • 1992年4月 『うみのさかな&宝船蓬莱の幕の内弁当』角川書店 のち文庫(うみのさかな名義、宝船蓬莱と共著)
  • 1992年5月 『ももこのしゃべりことば』ニッポン放送
  • 1992年7月 『さるのこしかけ』集英社 のち文庫
  • 1992年7月 『たいのおかしら』集英社 のち文庫
  • 1994年3月 『ももこのいきもの図鑑』マガジンハウス のち集英社文庫
  • 1995年9月 『そういうふうにできている』新潮社 のち文庫
  • 1996年7月 『あのころ』集英社 のち文庫
  • 1997年6月 『ももこの世界あっちこっちめぐり』集英社
  • 1997年9月 『まる子だった』集英社 のち文庫
  • 1997年11月 『赤ちゃん日記―First year memories』小学館
  • 1998年7月 『ももこの話』集英社 のち文庫
  • 1998年11月 『憧れのまほうつかい』新潮社 のち文庫
  • 1999年5月 『ももこのおもしろ健康手帖』幻冬舎
  • 1999年7月 『さくら日和』集英社 のち文庫
  • 2000年9月 『のほほん絵日記』集英社 のち文庫
  • 2001年10月 『ツチケンモモコラーゲン』土屋賢二共著、集英社 のち文庫
  • 2001年11月 『ももこのトンデモ大冒険』徳間書店 のち文庫
  • 2002年4月 『さくらえび』新潮社 のち文庫
  • 2002年11月 『ももこの宝石物語』集英社 のち文庫
  • 2003年4月 『ももこのおもしろ宝石手帖』幻冬舎 のち文庫
  • 2003年6月 『またたび』新潮社 のち文庫
  • 2003年11月 『さくらめーる』集英社
  • 2004年9月 『ももこの70年代手帖』幻冬舎
  • 2005年8月 『ひとりずもう』小学館 のち文庫
  • 2005年9月 『MOMOKO TIMES』集英社
  • 2006年5月 『焼きそばうえだ』小学館 のち文庫
  • 2006年11月 『おんぶにだっこ』小学館
  • 2007年5月 『さくら横丁』集英社
  • 『ももこの21世紀日記』 No.1 - 8 幻冬舎、2002-08 のち文庫
  • 『ももこのまんねん日記』集英社 2010
  • 『ももこのまんねん日記 2011』集英社 2011
  • 『ももこのまんねん日記 2012』集英社 2012

作詞[編集]

※表記はジャケットデザインも担当。

詩集[編集]

  • まるむし帳

雑誌[編集]

  • 富士山 - さくらが編集長となり、「日本一の雑誌」と称して出版された。

ムック本[編集]

  • おめでとう - デビュー30周年を記念し発売。

翻訳[編集]

絵本、ドラマ脚本他[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. “さくらももこ:9年ぶり新連載がスタート 1話は「ちびしかくちゃん」”. MANTANWEB. (2015年10月7日. http://mantan-web.jp/2015/10/07/20151006dog00m200033000c.html 2015年10月7日閲覧。 
  2. “ちびしかくちゃん:「ちびまる子ちゃん」のセルフパロディー連載開始 意地悪“だまちゃん”登場”. MANTANWEB. (2016年10月19日. http://mantan-web.jp/2016/10/19/20161018dog00m200016000c.html 2016年10月19日閲覧。 
  3. 3.0 3.1 “細野×小山田×瀧「まるちゃんの静岡音頭」CDリリース決定”. 音楽ナタリー. (2013年5月31日. http://natalie.mu/music/news/91754 2016年12月17日閲覧。 
  4. “さくらももこが和田アキ子90作目作詞&ジャケ”. ナタリー. (2014年10月16日. http://natalie.mu/comic/news/128801 
  5. 琵奈子オフィシャルサイト”. 2015年3月9日確認。
  6. “MACO、新曲はさくらももこ作詞のウエディングソング”. 音楽ナタリー. (2015年1月6日. http://natalie.mu/music/news/135502 2015年7月8日閲覧。 
  7. “けーこ、さくらももこさん作詞第2弾「奇跡のようです」”. サンケイスポーツ. (2015年9月12日. http://www.sanspo.com/geino/news/20150912/geo15091216520021-n1.html 2015年9月13日閲覧。 
  8. 8.0 8.1 “「映画ちびまる子ちゃん」ウルフルズ&大原櫻子が参加、さくらももこがオファー”. コミックナタリー. (2015年9月28日. http://natalie.mu/comic/news/161187 2015年10月7日閲覧。 
  9. “「GJ8マン」CD先行発売 さくらももこさん作詞”. 岐阜新聞. (2016年12月9日). オリジナル2016年12月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161217131119/http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20161209/201612090850_28590.shtml 2016年12月17日閲覧。 
  10. “さくらももこ×来生たかおの楽曲を中納良恵、太田裕美、原田郁子ら7名が歌う”. マイナビニュース. (2017年9月15日. http://news.mynavi.jp/news/2017/09/15/009/ 2017年10月1日閲覧。 
  11. “『ちびまる子ちゃん』の新エンディングにPUFFY!タイトルは「すすめナンセンス」”. RBBTODAY. (2017年10月3日. https://www.rbbtoday.com/article/2017/10/03/155034.html 2017年10月17日閲覧。 
  12. 『さくらももこのウキウキカーニバル』制作スタッフインタビュー 任天堂
  13. 当サイトについて ヒカルランド
  14. ファイアーエムブレム25周年記念商品”. 2017年10月1日確認。
  15. 遺作イラストの「ニベア」9月発売

関連項目[編集]

外部リンク[編集]