長岡京

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

長岡京(ながおかきょう)は、784年から794年まで存在していた日本のである。

概要[編集]

桓武天皇の指示で784年に平城京から現在の長岡京市の場所に遷都された。(一部向日市京都市西京区を含む)平城京で問題になっていた部分を研究するために作られた都とも言われている。

発掘調査[編集]

幻の都で、「本当に存在したのか?」と言われていたが、1954年、中山修一教授が発掘調査した結果、本当に長岡京が存在していたことが証明され、1964年、国の史跡に登録された。

関連項目[編集]