三浦春馬

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディア三浦春馬の項目があります。
みうら はるま
三浦 春馬
三浦 春馬
2019年撮影
生年月日1990年4月5日
没年月日2020年7月18日(満30歳没)
出生地日本国旗.png日本茨城県土浦市[1]
死没地日本国旗.png日本東京都港区[2]
身長178 cm[3]
血液型AB型[3]
職業俳優
歌手
ジャンルテレビドラマ映画舞台CM
活動期間1997年 - 2020年
事務所アミューズ[2]
公式サイト公式プロフィール
主な作品
テレビドラマ
14才の母
ごくせん 第3シリーズ
ブラッディ・マンデイ
サムライ・ハイスクール
大切なことはすべて君が教えてくれた
陽はまた昇る
ラスト♡シンデレラ
僕のいた時間
おんな城主 直虎
オトナ高校
TWO WEEKS
映画
キャッチ ア ウェーブ
恋空
君に届け
永遠の0
進撃の巨人
銀魂2 掟は破るためにこそある
SUNNY 強い気持ち・強い愛
こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話
コンフィデンスマンJP -ロマンス編-
アイネクライネナハトムジーク
舞台
キンキーブーツ
罪と罰
 
受賞
日本アカデミー賞
第31回 新人俳優賞(2007年)
恋空
第38回 優秀助演男優賞(2014年)
永遠の0
その他の賞
エランドール賞
第33回 新人賞(2009年)
毎日映画コンクール
第63回 スポニチグランプリ新人賞(2009年)
ギャラクシー賞
第51回 個人賞(2013年)
読売演劇大賞
第24回 優秀男優賞、杉村春子賞(2016年)

三浦 春馬(みうら はるま、1990年平成2年〉4月5日 - 2020年令和2年〉7月18日)は、日本俳優歌手茨城県土浦市出身。生前はアミューズに所属していた。

来歴[編集]

芸能活動[編集]

4歳の頃から児童劇団のアクターズスタジオつくば校に所属し、平成9年(1997年)に7歳でNHK連続テレビ小説あぐり』で子役としてデビューした。

子役時代から俳優として活躍し、NHK大河ドラマ・「おんな城主直虎」や映画「君に届け」など多数の作品に出演した。イケメン俳優としても知られており、ブロードミュージカル「キンキーブーツ」での女装をした演技が評価され、平成29年(2017年)に読売演劇大賞の杉村春子賞を受賞した。晩年は歌手としても活動し、力を入れていた。

令和2年(2020年)7月18日午後、仕事場に訪れず連絡もとれない三浦を心配したマネージャーが、三浦の自宅マンションを訪れて室内のクローゼットの中で首を吊った状態でいる三浦を発見。病院に搬送されたが既に死亡していることが確認された。30歳没。三浦のマンション室内に遺書と見られるものがあり、また現場の状況から自殺と見られている。

三浦は7月23日公開予定の映画「コンフィデンスマンJP -プリンセス編-」に出演しており、その他にも9月に開始予定のTBS系連続ドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」にも出演予定であり、その死は多くの影響と混乱を与えている。

受賞歴[編集]

2007年度

2009年度

2013年度

2014年度

2016年度

2017年度

2019年度

  • ソウルドラマアワード アジアスター賞[4]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

Webドラマ[編集]

  • tourist ツーリスト(全3話出演)(2018年、TBS、テレビ東京、WOWOWで放送後、Paraviにて配信開始) - 天久真 役[19]

映画[編集]

舞台[編集]

  • 地球ゴージャスプロデュース公演
    • 地球ゴージャスプロデュース公演Vol.10「星の大地に降る涙」(2009年6月 - 8月)
    • 地球ゴージャスプロデュース公演Vol.12「海盗セブン」(2012年3月 - 5月)
  • 劇団☆新感線「ZIPANG PUNK〜五右衛門ロック III」(2012年12月 - 2013年2月)
  • 地獄のオルフェウス(2015年5月 - 6月、Bunkamuraシアターコクーン/森ノ宮ピロティホール) - ヴァル 役[29]
  • キンキーブーツ(2016年7月 - 8月、新国立劇場中劇場 / オリックス劇場) - 主演・ローラ 役
    • キンキーブーツ再演(2019年4月 - 5月、東急シアターオーブ / オリックス劇場)
  • シアターコクーン・オンレパートリー2019 DISCOVER WORLD THEATRE vol.5 Bunkamura 30周年記念「罪と罰」(2019年1月 - 2月、Bunkamura シアターコクーン/森ノ宮ピロティホール)- 主演・ラスコーリニコフ 役[30]
  • ミュージカル「ホイッスル・ダウン・ザ・ウィンド〜汚れなき瞳〜」(2020年3月、日生劇場) - 主演・男(ザ・マン) 役[31]

紀行・ドキュメンタリー[編集]

ミュージック・ビデオ[編集]

CM[編集]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル オリコン
2019年8月7日 Fight for your heart[38] 12位

作品[編集]

書籍[編集]

DVD[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. 当該機種のほか、同社のau向け機種の機種別カタログの表紙にも起用されている。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. 三浦春馬がしびれた日本の“技、食、そして人” 4年かけ全都道府県を旅した日々”. ORICON NEWS. オリコン (2020年5月5日). 2020年7月18日確認。
  2. 2.0 2.1 俳優の三浦春馬さん自殺か 自宅マンションで死亡―東京”. 時事通信社 (2020年7月18日). 2020年7月18日確認。
  3. 3.0 3.1 三浦 春馬”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2020年7月18日確認。
  4. “三浦春馬、ソウルドラマアワード2019『アジアスター賞』受賞!<TWO WEEKS>”. ザテレビジョンザテレビジョン). (2019年8月29日. https://thetv.jp/news/detail/203017/ 2020年7月19日閲覧。 
  5. 17年大河『おんな城主 直虎』新出演者14人発表 柴咲コウ父は杉本哲太、母は財前直見”. ORICON STYLE2016年5月26日). 2016年5月27日確認。
  6. 世にも奇妙な物語 ’18春の特別編 三浦春馬・主演のタイムワープSF!? - とれたてフジテレビ 2018年4月13日更新
  7. 注目ドラマ紹介:「僕のいた時間」 三浦春馬が難役にチャレンジ 難病に立ち向かう学生役”. =毎日新聞デジタル. 毎日新聞 (2014年1月7日). 2014年1月9日確認。
  8. 三浦春馬で“火サス”の名作が32年ぶり復活 民放地上波初4Kカメラで撮影”. ORICON STYLE2014年5月8日). 2014年5月15日確認。
  9. 入倉功一 (2014年5月8日). “三浦春馬&城田優で「火サス」伝説のドラマが復活!”. シネマトゥデイ. 2014年5月15日確認。
  10. 綾瀬はるか×三浦春馬×水川あさみ共演『わたしを離さないで』連ドラ化”. ORICON STYLE2015年11月19日). 2015年11月19日確認。
  11. “三浦春馬がエリート童貞“チェリート”に!新ドラマ「オトナ高校」10月スタート”. ナタリー. (2017年9月5日. https://natalie.mu/eiga/news/247429 
  12. 三浦春馬さん、貴島彩理(テレビ朝日プロデューサー) コメント 土曜ナイトドラマ『オトナ高校』|テレビ朝日 (2017年9月5日) 2017年10月22日閲覧
  13. “Paravi:初のオリジナルドラマは3局で放送 水川あさみ、三浦春馬らが出演”. まんたんウェブ. (2018年8月2日. https://mantan-web.jp/article/20180801dog00m200077000c.html 2018年8月4日閲覧。 
  14. “三浦春馬:東野圭吾原作ドラマで初のバーテンダー役 特報映像公開”. まんたんウェブ (MANTAN). (2018年11月10日. https://mantan-web.jp/article/20181109dog00m200059000c.html 2018年11月19日閲覧。 
  15. “三浦春馬がバーテンダーに 東野圭吾原作『ダイイング・アイ』連ドラ化”. ORICON NEWSoricon ME). (2018年11月10日. https://www.oricon.co.jp/news/2123214/full/ 2018年11月19日閲覧。 
  16. “娘を助けるため2週間逃げ切れ!三浦春馬の主演ドラマ「TWO WEEKS」7月スタート”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年5月14日. https://natalie.mu/eiga/news/331253 2019年5月14日閲覧。 
  17. “柳楽優弥×有村架純×三浦春馬、豪華共演が実現 戦争の悲劇を伝えるドラマ”. ORICON NEWSoricon ME). (2020年3月16日. https://www.oricon.co.jp/news/2157602/full/ 2020年3月17日閲覧。 
  18. 国際共同制作 特集ドラマ『太陽の子』”. NHK_PR. 日本放送協会2020年3月16日). 2020年3月17日確認。
  19. “三浦春馬、TBS・テレビ東京・WOWOW3局横断ドラマ全話に出演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年8月2日. https://www.oricon.co.jp/news/2116779/full/ 2018年8月3日閲覧。 
  20. “映画『キャプテンハーロック』三浦春馬が声優初挑戦、ハーロック役は小栗旬”. マイコミジャーナル. (2012年5月8日. http://news.mynavi.jp/news/2013/05/08/006/index.html 2013年5月8日閲覧。 
  21. 映画「進撃の巨人」主演は三浦春馬!貞本もキャラデザ参加”. コミックナタリー2014年4月3日). 2014年4月3日確認。
  22. ベールに包まれていた実写版「進撃の巨人」配役が明らかに!(2014年11月20日、映画.com)
  23. “「銀魂2」三浦春馬が伊東鴨太郎、窪田正孝が河上万斉を演じる”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年6月22日. https://natalie.mu/eiga/news/287811 2018年6月22日閲覧。 
  24. “大泉洋×高畑充希×三浦春馬で「こんな夜更けにバナナかよ」映画化!笑いと涙の実話描く”. 映画.com. (2018年4月23日. http://eiga.com/news/20180423/2/ 2018年4月23日閲覧。 
  25. “三浦春馬は眩しい、「コンフィデンスマンJP」長澤まさみの絶賛に東出昌大ら落胆”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年5月9日. https://natalie.mu/eiga/news/330611 2019年5月9日閲覧。 
  26. 三浦春馬主演で伊坂幸太郎「アイネクライネナハトムジーク」映画化、監督は今泉力哉(コメントあり)”. 映画ナタリー2018年3月11日). 2018年3月12日確認。
  27. “新田真剣佑「群青戦記」映画化に主演! 三浦春馬×松山ケンイチ×山崎紘菜も参戦”. 映画.com. (2019年11月27日. https://eiga.com/news/20191127/3/ 2019年11月27日閲覧。 
  28. “三浦春馬さん主演映画「天外者」公開日決まらず”. スポーツ報知報知新聞社). (2020年7月21日. https://hochi.news/articles/20200720-OHT1T50251.html 2020年7月21日閲覧。 
  29. 大竹しのぶ「何て純粋」三浦春馬と初共演!舞台「地獄のオルフェウス」”. スポニチ2015年2月24日). 2015年2月25日確認。
  30. 三浦春馬と大島優子が初共演、来年1・2月に「罪と罰」上演決定”. ステージナタリー2018年6月7日). 2018年6月7日確認。
  31. “乃木坂46生田絵梨花、ロイド=ウェバーの傑作ミュージカルで三浦春馬と共演”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2019年4月8日. https://natalie.mu/music/news/327041 2020年1月10日閲覧。 
  32. 大いなる鉄路 16,000km走破 東京発パリ行き(BSフジ)、2018年11月30日閲覧
  33. “C&K“泣ける”新曲MVに三浦春馬、渡辺奈緒子出演”. ORICON NEWSオリコン). (2013年10月25日. https://www.oricon.co.jp/news/2030082/full/ 2020年7月19日閲覧。 
  34. “ゆず「恋空」に感動し、新曲PVで三浦春馬に出演オファー”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2008年4月1日. https://natalie.mu/music/news/6345 2020年7月19日閲覧。 
  35. “三浦春馬が高橋優の「ルポルタージュ」MVに出演、「いい経験をさせてもらった」”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2017年10月13日. https://natalie.mu/eiga/news/252512 2020年7月19日閲覧。 
  36. TCKニュース - 平成26年度TCKイメージキャラクターが三浦春馬さんに決定!メッセージビデオ公開!”. 東京シティ競馬. 特別区競馬組合2014年3月19日). 2014年3月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年3月25日確認。
  37. 三浦春馬が歌とダンスで“明るい未来を表現” 撮影ではアドリブも”. ORICON NEWS (2019年8月30日). 2019年9月9日確認。
  38. “三浦春馬、主演ドラマ「TWO WEEKS」で主題歌担当「とても刺激的で興奮しました」”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2019年6月23日. https://mdpr.jp/music/1845991 2019年6月23日閲覧。 

外部リンク[編集]