子役

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索

子役 とは、テレビインターネット映画などのメディアで活躍・出演する子供。

概要[編集]

子役は、テレビ・インターネット・映画などの俳優、タレント、ダンサー、歌手、モデル、作家などの子供を指す。 日本においては、テレビドラマに出演する子供を子役として見る視聴者が多かったが、近年は、バラエティー番組・CM・歌手・モデル活動など様々であり活動が特定の分野に特化している場合も多く見られる。これらは事務所の説明やカテゴリーなどでも総合して子役もしくは子役アイドル・子役タレントなどと扱われることが多いことから業界内、視聴者の間でも総合して子役として扱われるようになったものである。子役に限らずエンターテインメントはインターネットの普及・テレビ離れ・不況などによって活動の場は、インターネットや海外進出など多岐にわたる。

業界話[編集]

子役事務所のオーディションは人見知りせず挨拶ができれば大抵は合格となる。所属に掛かる費用は特待生などを除けば入会金に数十万程度、月に数万円かかる場合が多い。 レッスンを受けながらドラマ、バラエティー、CM、歌などのオーディションを受ける。子役事務所に所属すれば肩書き上は子役となるが実際の仕事の内容は子供の得意分野によって様々である。例えば、てれび戦士や寺田心のようにタレント性に優れる場合は、バラエティー番組の仕事など。特定の分野で実績を積むと、その分野の事務所に移籍する場合が多い。国民的子役となるとCM1本500万円以上となる。芦田愛菜がブームとなった2011年、CM1本で推定2500万円と言われた。一方でバラエティー番組の出演料はレギュラーを除き子役の多くが文化人(コメンテーター)程度とも言われている。